日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

日本酒のイメージが変わるかも?!未来のスター蔵元が集結する「SAKE STAR FES」が4/7(金)・8(土)・9(日)にベルサール秋葉原で開催!

> > > 日本酒のイメージが変わるかも?!未来のスター蔵元が集結する「SAKE STAR FES」が4/7(金)・8(土)・9(日)にベルサール秋葉原で開催!
このエントリーをはてなブックマークに追加

総勢20以上の"未来のスター蔵元"が集結する日本酒飲み放題イベント「SAKE STAR FES」が、4月7日(金)・8日(土)・9日(日)にベルサール秋葉原にて開催されます。

「SAKE STAR FES」では、20〜30代を中心とした大注目のスター蔵元が、こだわり抜いた自慢のお酒を振る舞います。さらに、まるでシャンパンやワインのような、独自のコンセプトをもった日本酒も含め、70種類以上用意されるそう。満開の桜が咲いた会場で、華やかで新しい日本酒の世界が広がります。

今年が初開催となる、スタイリッシュな日本酒イベント「SAKE STAR FES」の開催は3日間。初日の4月7日(金)は前夜祭と称して「女子会」を開催。「桜」にちなんだピンク or ホワイトのドレスコードを楽しみ、女子トークに華を咲かせましょう。本開催となる8日(土)、9日(日)は、12時から20時までの間に、3部制・各回2時間で開催されます。前売りチケットはこちらから販売中!

そんな、次世代を担うスター蔵元が集い、新しいSAKEの世界が広がる「SAKE STAR FES」をとことん楽しむためのポイントをご紹介します!

「SAKE STAR FES」を楽しむ5つのポイント

POINT 1:各地方で活躍する20〜30代の大注目スター蔵元が集まる!
自ら新しい銘柄を生み出している "地域のスター"と、スパークリングやヴィンテージなどイベント独自の"テーマ"を基準に選ばれた蔵元が参加します。次世代を担う若き蔵元とのコミュニケーションを通して、あなたの「SAKE」のイメージが大きく変わるかもしれませんね。


※イメージです

近年の日本酒業界では、20〜30代の若い蔵元や杜氏が活躍し、その姿がメディアで取り上げられることも増えてきました。 彼らの想いはそれぞれで、幼いころから蔵で過ごし、酒造りや酒蔵経営を間近で見聞きする中で自然に蔵を継いでいった蔵元もいれば、まったく別の業界に就職し、悩みぬいた末に蔵に戻ることを決意した蔵元もいます。

若くして代々続く蔵を守る責任を担った彼らは、歴史ある伝統を継承すると同時に、新たな挑戦にも立ち向かっています。「STAR SAKE FES」では、そんな若き蔵元の力強い眼差しを、直接感じていただけるでしょう。

「SAKE STAR FES」には、平成27年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞した赤武酒造や、日本政府が初めて開催した品評会・全国清酒品評会で最優秀第一位に輝いた「龍勢」を醸す藤井酒造も参加します。他にも、海外開拓にいち早く乗り出している吟醸酒のパイオニア蔵元や、歴史と伝統に裏打ちされた王道の世界を行く蔵元、日本一若い酒蔵の社長などが集結。スター蔵元が手がけるこだわりのSAKEコレクションを、好きなだけ楽しむことができます。

POINT 2:さまざまなジャンルの日本酒を楽しめる!
シャンパンのような発泡を楽しむ日本酒、ヴィンテージワインのような熟成を楽しむ日本酒、そして無濾過生原酒のようなジューシーで香り高い日本酒...これまで味わったことのない日本酒に出会えるかもしれません。さらに、梅酒やいちご酒などのフルーツ酒も用意されており、初心者からコアな日本酒ファンまで、また若者から年配まで、すべての方にお楽しみいただけるでしょう。


※イメージです

POINT 3:日本酒とのペアリングを考えたオリジナル料理を楽しめる!
日本酒にも詳しいフードコーディネーターが考案したオリジナル料理は4種類。日本酒のお供にぴったりです!

「2種のドライフルーツと酒粕クリームチーズのパテ」は、酒粕の風味が口の中でほのかに広がり日本酒との相性は抜群。爽やかな酸味とフルーティな味わいのスパークリング系の日本酒がオススメです。

「ローズソルトで食べる!イカの生干物とアスパラの米粉天ぷら」は、島根県大田市で獲れたその日に加工される純白のイカ干物を、米粉でサックリとした天ぷらに仕上げました。

POINT 4:桜で彩られる会場!
多くの外国人観光客が訪れる国際色豊かな秋葉原を代表する施設「ベルサール秋葉原」は、天候に左右されない屋内ホール。広い会場には春らしい満開の桜をあしらい、優雅に日本酒を楽しめる空間を演出します。また、ホール内にステージを設置し、吹奏楽や着物ファッションショーなど「和」のコンテンツを用意しています。

POINT 5:前夜祭の「女子会」で、華やかに日本酒を楽しめる!
「身近に"ちょい和"で生活にちょっとした驚きを」をコンセプトに活動している「和 OW Nation」とコラボレーションし、男性のイメージが強い日本酒をもっとお洒落に楽しみたい!と願う女性のための前夜祭を4月7日(金)の19:30より開催。当日のドレスコードは「桜」にちなんだピンクまたはホワイトで、華やかに日本酒を楽しめます。

また、未来の蔵元を応援するアンバサダー「ミス蔵2017」のグランプリが発表されます。ミス蔵は、ミライの蔵元達の想いを体現し、日本を代表する食であり伝統工芸品「日本酒」を地方と連携して発信していく新しいアイコンです。「ミス蔵2017」への応募は4月6日までこちらから受け付けています。

さらに、株式会社「編」代表取締役社長である山本由樹さんと「和 OW Nation」によるトークショーを開催。雑誌「週刊女性自身」や「STORY」、「美STORY(現美ST)」、「DRESS」などの創刊や編集に携わり、「美魔女」ブームの火付け役、テレビのコメンテーターとしても活躍中の山本さんが「ほろ酔い女子の男心のつかみ方」について語ります。

チケット購入・詳細はこちらからご覧ください。

未来のスター蔵元の意気込み

未来のスター蔵元の中から、藤井酒造(広島)専務執行役員・藤井義大さん、赤武酒造(岩手)杜氏・古舘龍之介さんに、日本酒への想いと「SAKE STAR FES」への意気込みをおうかがいしました。

藤井酒造専務執行役員・藤井義大さん

「『SAKE STAR FES』では、定番の日本酒から少し変わった季節のお酒までご用意しております。その中でも『Style H(火入れ)』は広島県の酒造好適米である『八反錦』で醸した、力強く若々しいボリューム感のある味わいです。藤井酒造の看板銘柄 『龍勢』らしさを知っていただきたいという想いで選びました」

近年、知名度がどんどん上がってきている「龍勢」。藤井さんが目指している酒造りとは"極める"だそうです。

「酒造りは0から1を生み出すよりも、1を10にし、さらに100にすることが大事だと考えています。100人に『飲みやすい』と言われるお酒ではなく、10人に『美味しい』と言われるお酒、100年先も『これが"龍勢"の味だね』と言っていただける酒造りを行っていきたいです。

そのために、私自身も常に現状に満足せず新しいことにチャレンジし続けると同時に、先人の想いを引き継ぎ後世に伝えていけるような存在でありたいです。温故知新の精神を常に持ち、日本酒が当たり前のように世界中で飲まれるような世の中を創ることが私の夢です」と語ってくれました。

お酒は最高のコミュニケーションツール。「SAKE STAR FES」では、気取らず楽しい時間を藤井さんと共有してみてください。

赤武酒造杜氏・古舘龍之介さん

赤武酒造が「SAKE STAR FES」で提供するお酒のひとつで、蔵の代表銘柄である「AKABU 純米吟醸」ついて、おうかがいしました。

「『AKABU 純米吟醸』は、岩手の酒米『吟ぎんが』を使い、味わい豊かで綺麗な清酒に仕上げたものです。香りは穏やかで、口に含むと芳醇な香りを楽しむことができ、その後静かに喉の奥に消えていくのも特徴です」

このインパクトのある鎧武者のラベルは、居酒屋などで目にしたことのある人もいるのではないでしょうか。古舘さんは「SAKE STAR FES」への意気込みを次のように語ります。

「当蔵はスタートしたばかりで、まだまだ先輩蔵の足元にも及びませんが、今期の造りにおいてようやく自分の思うような造りを計画に沿って行うことができ、来期に向けての改善計画を組み立てています。このように『日々進化する酒造り』を日々有言実行していきます。

『SAKE STAR FES』では出来るだけ多くのみなさまとお会いして日本酒の魅力、赤武酒造の魅力を伝えたいです。岩手から、情熱と愛情と根性で醸す『AKABU』をぜひお楽しみください!」

次世代を担うスター蔵元とともに70種類以上の日本酒を楽しめる「SAKE STAR FES」は、日本酒初心者から玄人まで、日本酒を愛するすべての方が楽しむことのできるイベントです。満開の桜が咲いた華やかな日本酒の世界を、ぜひ「SAKE STAR FES」でお楽しみください!

(取材・文/石根ゆりえ)

◎イベント概要
「SAKE STAR FES」

  • 前夜祭女子会
    2017年4月7日(金) 19:30-21:30
    ※女性限定
    ※ドレスコード:「桜」にちなんだピンクorホワイト
    ※各回定員制・各回開始時間の30分前より受付開始。フードは別途有料
  • 本開催
    2017年4月8日(土)第1部 12:00-14:00, 第2部 15:00-17:00, 第3部 18:00-20:00
    2017年4月9日(日)第1部 12:00-14:00, 第2部 15:00-17:00, 第3部 18:00-20:00
    ※各回定員制・各回開始時間の30分前より受付開始。フードは別途有料
  • 会場:ベルサール秋葉原1F(東京都千代田区 外神田3−12−8 住友不動産秋葉原ビル)
  • 費用:前夜祭女子会 2,500円(税込)前売のみ、前売 3,500円(税込)、当日 4,000円(税込)
  • お申込み:チケットはこちらからご購入ください

sponsored by 住友不動産ベルサール株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。