いや〜天高く馬肥ゆる秋、皆さんはいかがお過ごしですか?
秋といえば美味しいものがい〜っぱい。
私は毎日、酒と食の誘惑との白熱の攻防を繰り広げながら、美味しいおつまみ片手にお酒を楽しんでいます(結局飲むんか〜い!)。

さて、今日はそんなエキサイティングな食欲の晩秋にピッタリの日本酒ワールドをご紹介しましょう!

今回訪れたのは、福井県のご当地アンテナショップ
「食の國 福井館」です!

アンテナショップとは、ご当地の特産品や工芸品、おみやげ品たちが一堂に会する、都道府県の魅力がぎゅぎゅっと詰まったショールームのような場所です。
今回なぜ福井県をピックアップしたかというと、
福井県は私の出身地だからです。
福井は美味しい食べ物、美味しいお酒が揃う、(知名度は低いけど)実は魅力たっぷりの県だからで〜す!

さて、訪れましたのは銀座にあります「食の國 福井館」
東京駅から歩いて10分、銀座駅・有楽町駅から歩いて5分という、散歩がてらアクセスしやすい場所にあります。

sake_g_fukuikan_1
着きました!
福井×銀座・・・「日本を代表するド田舎in大都会」というギャップがたまりません。

sake_g_fukuikan_2

水ようかん、鯖、さといも、カニ・・・どれも福井県が誇る特産品です。
そしてどうやら利き酒セットなるものもあるようです!早速突撃してみましょう。

sake_g_fukuikan_3

店に入ると、さっそく福井を象徴するお酒や食べ物が並んでいます。

写真中央にあります「上庄さといも」は、全国区の人気を誇るブランドさといも。
福井県の豪雪地帯で、水が綺麗な山里である「上庄地区」でしか採れません。
豪雪に育まれた実の締まり具合、口にした時のねっとり感が全国のファンを魅了しています。

写真中央下の「焼さば寿司」は、身が厚く脂の乗った福井産の鯖を使用している、おつまみや手土産に欠かせない逸品です。
どちらもお酒にピッタリであること間違いありません。

sake_g_fukuikan_4

これは福井県民のソウルフード、「鯖のへしこ」です。
へしことは、鯖に塩を降って糠漬けにした福井の伝統的郷土料理で、酒の肴やお茶漬け、新鮮なものであれば刺し身として食べます。
酒好きのアナタならきっと気にいるはず。

sake_g_fukuikan_5

他にもエビ、ふぐ、たらといった福井の海の幸の加工品をはじめとする福井の美味しいものがズラリと並んでいます。

sake_g_fukuikan_6

さて、特産品の山を越えて、イートインコーナーへやってきました。
ソースカツ丼に若狭牛、鯖おでん・・・
福井で親しまれているご当地グルメの数々に、胸の高鳴りは止まらない!

今回は、利き酒5種セット(1250円、おつまみ付)越前おろしそばをオーダーしました。
福井県は知られざるそばの名産地で、福井県民はおそばがとっても大好き。
太めでコシのある麺に、辛い大根おろしが乗っけてあるのが特徴です。

そばとお酒が来るのを待っている間にふと横を見ると、そこには福井を代表する日本酒がズラリ・・・!

sake_g_fukuikan_7

sake_g_fukuikan_8

カップ酒もあるので、買ってその場で料理と一緒にいただくのもいいですね。

そしてやってきました!福井の地酒5種のセットです!

sake_g_fukuikan_9

色とりどり、形も色々、個性豊かな酒器たち。
こちらは福井県銘産の「越前焼」の酒器で、店内で購入することもできます。

5つのお酒に加えて「鯖のへしこ」「かまぼこ」が添えられているのが嬉しいですね。
今回はこの中から2つのお酒をご紹介します。

sake_g_fukuikan_10
こちらは「加藤吉平商店 梵 しぼりたて初雪」
初雪を思わせる柔らかな濁りに、目も心も癒やされます。
芳醇でありながら、キレがあってスッキリとした味わい。
ちょっと発泡しているところも良いです。
とっても滑らかで、米が持つ旨味に加えてシャープな辛さが効いた、
舌触りから喉越しまで楽しめる逸品です。

sake_g_fukuikan_11

こちらは「一本義 しぼりたて新米新酒」
全国有数の酒米産地である福井県の奥越前で、秋に収穫されたばかりの新米を使用したその年最初の新酒です。
その名の通り搾りたてで火入れを一切しておらず、新鮮で爽やかな香りがたまりません!
味わいもたいへんフレッシュで、日本海の冬のようなキレがあります。
その一方で、米麹が醸し出す甘みと旨味も共存しているところが面白い。

sake_g_fukuikan_12
そしてこちらが「鯖のへしこ」「かまぼこ」
もちろんどちらも福井の味ですよ。
へしこの香ばしさと甘さ、塩っ辛さが日本酒の味を引き立てます。
思わず塩分摂り過ぎちゃいそうです。

sake_g_fukuikan_13
そしてこちらが「越前おろしそば」
蕎麦の味がしっかりと感じられるこのおそばには、サッパリした辛味大根おろしとかつお節だけで必要十分なのです。
ちなみにこちらは515円!ランチに迷った時でも、気軽に楽しむことができます。
関東で食べる蕎麦とは全っっっ然味が違いますので、
みなさんにもぜ〜〜〜ひ一度、試してみていただきたい逸品です。

さて、そんなこんなで酒と食の誘惑に完全に負け・・・
いや、もはや戦うことをやめ、酒と食との平和的和解へと辿り着いた私は
福井のおみやげを手におうちへ帰りましたとさ。

皆さんもちょっと時間ができたとき、ぜひ気軽に足を運んでみてくださいね!
きっと新しい発見と喜びに出会えるはずです。

 

食の國 福井館

東京都中央区銀座1-3-3
銀座西ビル 1F
※東京メトロ有楽町線・銀座一丁目駅 徒歩約3分
※東京メトロ銀座線・銀座駅 徒歩5分
※JR有楽町駅 徒歩5分

営業時間:
10:30~20:00(月〜土)
10:30~19:00(日・祝)

定休日:
無休(年末年始を除く)

 

関連記事