地下鉄堺筋線・日本橋駅の改札口を出ると、すぐ目の前に見える「初かすみ酒房 日本橋店」。大阪ミナミの中心地・なんば駅からも、地下街なんばウォークを利用すれば、10分もかからずに到着することができます。

蔵の写真が目立つ初かすみ酒房の店構え

酒蔵の大きな写真が目を引くこの店は、奈良県宇陀市にある、元禄15年(1702年)創業という歴史をもつ久保本家酒造の直営店。代表銘柄は「初霞」です。今回は、そんな老舗酒蔵が経営する居酒屋の魅力を紹介します。

平日は朝9時、土日は8時から営業!

「初かすみ酒房」の魅力は、朝早い時間からオープンしていること。平日は朝9時、土日は朝8時に開店し、いずれも夜10時までお酒や食事を楽しむことができます。店内は、コの字型のカウンターのみで28席。店先に席が空くのを待つ行列ができることもしばしばあります。

初かすみ酒房の内観

午前中のお客さんは、常連客や夜勤明けの方々が中心。午後以降は一見のお客さんや、若い女性の"おひとりさま"が増えてきているそうです。

初かすみ酒房の女性スタッフ

店に入ると、お姉さんやお母さんたちが出迎えてくれます。カウンターの中は、元気で明るい女性スタッフのみで切り盛りしています。店長の菅原さんによると「店のウリは、女性スタッフの応対。やわらかい接客のなかで、ゆっくりと酒を味わってほしい」とのことでした。

直営店ならではのオトクな日本酒

提供する日本酒は、久保本家から直送された美酒の数々。いずれも正一合で、「初霞 上撰」は320円、「初霞 純米酒」は450円という驚きの価格です。蔵元直営店ならでは、ですね。片口で、豪快に注いでもらえます。

豪快に片口で注がれるお酒

日本酒は常時10種類以上。季節限定の酒から熟成酒に至るまで、幅広い味わいの酒を飲み比べることができます。

安くて美味い!豊富なメニューが魅力

初かすみ酒房で盛り付けられた刺身

​​料理メニューが豊富なことも人気店たる所以でしょう。大人気は「刺身の盛り合わせ」(780円)。キレと旨味のバランスが良い「初霞 純米酒」が、刺身の味わいを引き立ててくれます。

初かすみ酒房で提供されるおでん

刺身の盛り合わせとともによく注文されるのが「おでん」。これだけを食べに来る常連も多いのだとか。ほとんどの品が120円で、牛すじを入れた5品でも800円弱。リーズナブルですね。

初霞のお酒

おでんに合わせたのは「初霞 特別純米酒 27BY」。蔵で1年間以上熟成したお酒で、口当たりがやわらかく飲みやすいです。じっくりとした深みを感じられるので、おでんの出汁と相性ぴったりでした。

初かすみ酒房の焼き鳥

串焼きは1本150円から。この価格とは思えないほど、満足感のあるボリュームです。

初霞の生酛のどぶ

串焼きといっしょに味わうのは「生酛のどぶ 28BY」。米の粒がたっぷりと残った、生酛造りのにごり酒です。口に含むと、とろりとした食感が印象的ですが、喉ごしはきれいにスパッとキレていきます。焼き物や揚げ物を食べたあとでも、口の中をリフレッシュさせてくれるような酒です。

初かすみ酒房の小鉢料理
他にも、さまざまな種類の小鉢が用意されています。そのほとんどが280円。あまりにもリーズナブルで、ついつい追加で注文してしまいます。

大阪ミナミの散策やショッピングのあと、駅近で便利な「初かすみ酒房」を訪ねてみてはいかがでしょうか。元気で明るい女性スタッフが、蔵元直送の美味しい日本酒とたくさんの肴を用意して待っています。

(文/天田知之)

◎店舗情報

  • 初かすみ酒房 日本橋店
  • 住所:大阪市中央区千日前1-5-10なんばウォーク
  • 営業時間:[月~金] 9:00~22:00 、[土日] 8:00~22:00 (いずれも、L.O. 21:30)
  • 定休日:元日、奇数月の第3水曜日 (なんばウォークの定休日)
  • 席数:28席 (カウンター席のみ)
  • 電話番号:06-6213-6256

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます