日本酒を飲むときに使う「徳利(とっくり)」ですが、その形状ゆえに中を洗うのにいつも苦労してしまいます。また、キレイに洗えていると思っていたのに知らない間にカビが生えているということも。

1. 陶器の徳利は、よくお湯につけてから洗おう

陶器の徳利はお湯にしばらくつけて、お酒を抜いてから食器用洗剤で洗いましょう!

陶器の徳利は、吸水性がとても高くお酒をたっぷり吸い込みます。ですので、表面を洗うだけではしみ込んだお酒が抜けず、しまっている間にカビが生えてしまうということもあります。

2. 徳利ブラシを使おう

徳利を洗うときは、徳利専用のブラシを使うと便利です!

細めのブラシになっていますので、スポンジでは洗いにくい底の部分もキレイに洗えますね。

3. それでもだめなら、つけ置き洗いをしよう

1. 2. でもダメなら、つけ置き洗いをしましょう!

キッチン用ハイターを薄めた液の中に徳利つけて置きましょう。こうすることで、徳利の中に生えてしまったカビを漂白・除菌できます。
また、1. 2. だけじゃ心配というかたも定期的につけ置き洗いをするとよいでしょう。

きちんとお手入れをして、よりおいしいお酒を飲みましょう!

 

関連記事