吟醸酒に最適の9号酵母ルーツ

sake_kouro2

香露といえば、日本酒好きの方はご存じかもしれませんが、協会9号酵母のルーツとして有名です。別名「熊本酵母」「香露酵母」として有名な同酵母は、昭和28年に醸造元の熊本県酒造研究所の保存酵母から分離されました。酸が少なく薫り高い酒を醸せる酵母で、吟醸酒造りに向く代表的な酵母となっています。事実、全国の新酒鑑評会では同酵母使用の出品酒が大半を占めています。今では9号酵母から多種多様な亜種の酵母が生まれています。

「酒の神様」により酒質向上

sake_kouro4 (1)

同研究所は熊本県内の酒蔵が集まり、酒質向上などを目的に明治42年に創立されました。

大正7年に株式会社化し、同8年、技師長に「酒の神様」ともいわれる野白金一氏が就任したことで酒造技術、道具が劇的に向上し、その技術は全国にも派生しました。

球磨焼酎で有名な熊本ですが、本格的に呑まれているのは産地の人吉市などの球磨地方に留まり、県内全体では12の酒蔵があり、日本酒の需要意外と高いようです。同蔵の純米吟醸酒は熊本旅行のお土産酒として定番ですが、やや値段が張ると感じる方は、この特別本醸造は約2500円なのでリーズナブルだと思います

香り高く冷や向きの本醸造

sake_kouro3

阿蘇の伏流水を仕込み水に使い、熊本県産の「神力」精米歩合60まで磨き、熊本酵母を使用した、地元の素材にこだわり、本醸造といえども贅沢な作りです。香り高く、芳醇な旨みを感じながらもスルスルと喉を通るすべりの良さ甘口という南のお酒の印象を覆す綺麗な造りは、熊本酵母の元祖ならでは本醸造といえば燗酒を思い浮かべますが、こちらは香りも楽しめるので、冷やでスッキリと呑むのが良さそうです。

 

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES