若いビジネスマンが50年ぶりに蔵を復活

Ohmine Junmai Ginjo(大嶺酒造株式会社/山口県美祢市大嶺町)のボトル写真

江戸時代中期に創業した大嶺酒造。株式会社として設立したのは大正11年(1921年)ですが、1960年代に入って休業の憂き目にあってしまいます。しかし2010年、50年以上の休眠を経て復活しました。蔵を引き継いだのは、ニューヨークなどで海外ビジネスの経験を豊富に積んだ、美祢市出身の秋山剛士氏(現大嶺酒造のファウンダー)。農業と地域資源を軸に、地域の未来につながる産業をつくりたいというコンセプトのもと、新しい大嶺酒造がスタートしたのです。

Ohmine Junmai Ginjo(大嶺酒造株式会社/山口県美祢市大嶺町)の栓部

地元の恵みを生かした酒造り

Ohmine Junmai Ginjo(大嶺酒造株式会社/山口県美祢市大嶺町)を醸す山口県の神秘の地、秋吉台

美祢市は3億年の歴史をもつ神秘的なシラス台地の「秋吉台」、東洋一の鍾乳洞「秋芳洞」など、雄大な自然を誇る場所。仕込み水は日本名水百選に選ばれている「弁天の湧水」を使用しています。神社の境内から湧き出る清水はコバルトブルーの美しい色で、酒造りに必要な天然ミネラルを多く含み、「Ohmine」シリーズの味わいに欠かせません。米は契約栽培の山口県産山田錦のみ。さらに、日本酒のピュアな味わいを感じられるようにと、発酵を抑える新技術を用いて、原酒にもかかわらずアルコール度数を14度に抑えています。

東洋一の鍾乳洞「秋芳洞」

さらにこだわったのが、ボトルデザイン。秋山氏はスウェーデンに渡り、北欧で有数のデザイン集団「ストックホルム・デザイン・ラボ」の創設者と面談し、デザインを依頼したのです。そして完成したのが、コニャックなどに使う白地の陶器に、黒地の米を描いたシンプルなものでした。個性的なデザインが増えている昨今の日本酒のなかでも、特に印象的なデザインです。スタイリッシュなラベルと、アルファベットを用いた銘柄名には、国内はもちろん、海外に日本酒を広めたいという思いがありました。

海外マーケティングで評判呼ぶ

外観に負けないスタイリッシュな味わいが、ミシュランの三ツ星レストランや、さまざまなブランドとのコラボレーションなどを通して高く評価され、ニューヨークや香港など、世界6ヵ国で展開されています。2013年には、スイスで開催された、ダボス会議2013のなかで、日本政府が主催した晩餐会で各国の首脳に振る舞われました。

徐々に評判が高まっていくなか、蔵の再興8年目にして、ようやく自社の新蔵が完成。それまでは「東洋美人」の澄川酒造場などから、施設の一部を借りて酒造りを行ってきたのだとか。少しずつ、ステップアップしてきたお酒です。

紹介する純米吟醸酒は、山口県産の山田錦を58%まで磨いたもの。新蔵の竣工記念酒として位置づけられています。

Ohmine Junmai Ginjo(大嶺酒造株式会社/山口県美祢市大嶺町)の裏ラベル

香りは若い白桃を思わせる爽やかな柑橘系の味わい。口に含むと、透明感のあふれるピュアな酸味と、ジューシーな旨味がほとばしるようです。ひっかかるところがまるでない、ビロードのような、なめらかな舌触り。喉越しも爽やかで、適度な余韻を残して、スッと消えていきます。雑味のないきれいな味わいがとても印象的です。ワインのような気品を感じ、ともすると日本酒を飲んでいることを忘れてしまいそう。パーティーなどへの手土産として持っていけば、ボトルデザインや味わいがとても映えるでしょう。

Ohmine Junmai Ginjo(大嶺酒造株式会社/山口県美祢市大嶺町)のボトル写真

日本酒初心者やワイン好きの方々、そして海外の方にも飲んでいただきたいお酒です。業界の常識にとらわれない、大嶺酒造のこれからも楽しみですね。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます