「我が誉の酒」として地元でも人気

能登半島の中ほどの霊峰・石動山の麓に明治30年(1897年)から蔵を構える御所酒造。田園地帯の中に遺跡も数多く点在し、能登文化発祥の地としても知られています。地元で愛される銘柄は「ほまれ」。地元の人々に「我が誉れの酒」と誇られたことが由来だと言われています。

女性蔵元の大胆な路線変更

sake_yuuho2

蔵元は藤田美穂さんが平成15年から経営を引き継ぎ地元の普通酒蔵から純米酒中心へと方向転換し、17年には能登杜氏のホープといわれた横道俊明さんを迎え入れました。この2人の研鑽のもと、送り出されたのが「遊穂」ブランドです。平成18年に誕生した遊穂はまたたく間に、地酒ファンの間に全国的な人気博すことになりました。

遊穂の名前の由来は、蔵のある旧中能登町はUFO(未確認飛行物体)が飛来する町として知られていることからもじったようです。遊び心あふれるネーミングですね。

フルボディの楽しい味わい

sake_yuuho1

紹介銘柄の「山おろし」とはお酒造りの工程のひとつで、「山廃」はこの山おろしを省略するので「山卸廃止酛」と呼ばれています。ですので、このお酒は「生酛造り」と理解していいでしょう。遊穂は「飲んでいて楽しい酒」がモットーで、旨みたっぷりのインパクトのある味わいです。特に生原酒は若さとガツンとした旨みと酸味が強烈でフルボディなお酒好きの方にはたまらない味わいでしょう。ひと夏越した生詰原酒「ひやおろし」は味に丸みを帯び、落ち着いた味わいを楽しめると思います。温度帯は問わないですが、常温あたりでバランスの良い旨みを味わえるでしょう。旨口揃いの能登のお酒の中でも個性溢れる1品と言えます。

 

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES