日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

画像
会社名 : 月桂冠株式会社 / Gekkeikan Sake Company, Ltd.
所在地 : 〒612-8660 京都府京都市伏見区南浜町247番地

京都府京都市伏見に位置する寛永14年 (1637年)創業の酒蔵。

「QUALITY」「CREATIVITY」「HUMANITY」の3つを基本理念に掲げ、"健をめざし、酒(しゅ)を科学して、快を創る"というコーポレートブランドコンセプトで、日本酒造りと向き合っています。

より良い酒への飽くなき探究心が、月桂冠を日本を代表するトップブランドに押し上げました。その信念は今なお燃えたぎり、日進月歩の酒造りに反映されています。

創業以来、常に挑戦をし続け、日本酒の可能性を開拓してきた月桂冠。
そこには”大手メーカー”という驕りや慢心は微塵もなく、謙虚に酒造りと向かい合う職人たちの物語があります。インタビュー形式で、月桂冠を支える人たちをご紹介していまので、ぜひご覧ください。

月桂冠株式会社 / Gekkeikan Sake Company, Ltd. 記事一覧

100年先の未来を見つめて── <創業380年>月桂冠14代当主・大倉治彦氏インタビュー(後編)

100年先の未来を見つめて── <創業380年>月桂冠14代当主・大倉治彦氏インタビュー(前編)

地域に寄り添い、日常に溶け込む──アメリカのローカルで愛飲される月桂冠の魅力

SAKEの未来は現地醸造にある──アメリカ市場を切り開く、米国月桂冠の挑戦

もっとも大事にしているのは“真面目に造る"こと――年間出荷量26万石を誇る月桂冠の醸造総責任者・山中洋祐さんの酒造りフィロソフィー

月桂冠でただひとり"杜氏"の肩書きをもつ人物。 日本酒文化の伝道師・相川さんのものづくり精神

「研究で正解に近づけ、感性で一手を決める」月桂冠が誇る製品分析のプロフェッショナル・阪本さんの酒造りスピリット

月桂冠・受け継がれる職人魂──社歴差38年!ベテランと若手 それぞれの酒造り

市場のニーズを汲み取り、月桂冠にしかできない酒造りを。大手一号蔵責任者・高垣さんの誇りと情熱