日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

画像
会社名 : 株式会社飯沼本家
所在地 : 〒285-0914 千葉県印旛郡酒々井町馬橋106

千葉県酒々井市に位置する江戸元禄年間 (1688年~1703年) 創業の酒蔵。
"ヒストリー以上に、フューチャーを語り、創造していく"を経営理念としています。

日本酒を取り巻く環境が激変する現代。多くの酒蔵が苦境に立たされている中、飯沼本家には目指すべき道が見えています。酒々井という土地に根付く地酒蔵として、地域全体に貢献できる酒蔵になること。

日本酒の魅力を”観光体験”の文脈で広める酒蔵ツーリズムやインバウンド対応など、時代の先端を見据えた活動には、飯沼本家が代々受け継ぐ経営者としての才覚が垣間見えます。

飯沼本家の酒蔵としての魅力はもちろん、酒々井という土地の奥深さや、地元で開催されるイベントでの交流の様子なども記事にしています。ぜひご覧ください。

株式会社飯沼本家 記事一覧

観光蔵として人気の千葉・飯沼本家が"自らで造った日本酒が搾りたてで届く"体験プログラム「as if. 2017 MAKE SAKE PROJECT」を開催!

搾りから出荷まで、わずか数時間……"当日搾りの新酒"を届ける、飯沼本家の日本酒ヌーボー「酒々井の夜明け」の全貌を追う

利き酒も日本酒造りの勉強もできる! 千葉県・飯沼本家の酒蔵見学が有料化してパワーアップ

革命が歴史を創る ーー 千葉・酒々井と生きる酒蔵「飯沼本家」300年の歴史 (後編)

革新が歴史を創る ―― 千葉・南酒々井と生きる酒蔵「飯沼本家」300年の歴史 (前半)

田植え初体験を酒蔵で!? 飯沼本家による年に一度の「まがり家フェスタ」で田植えツアーに参加してきました!

業界の常識をくつがえす。飯沼本家の次期蔵元・飯沼一喜氏インタビュー【後編】- 未来への展望 -

業界の常識をくつがえす。飯沼本家の次期蔵元・飯沼一喜氏インタビュー【前編】- 酒蔵経営の戦略とは?-

都内からたった1時間半の日本酒トリップ!千葉県酒々井町・飯沼本家に行ってきた!【後編】