日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

石鎚 純米吟醸 雄町 無濾過中汲み(石鎚酒造株式会社/愛媛県西条市)

> > > 石鎚 純米吟醸 雄町 無濾過中汲み(石鎚酒造株式会社/愛媛県西条市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

名水の街にある家族4人の小さな酒蔵

名水の街・愛媛県・西条市にある、家族4人経営の小さな石鎚酒造。西日本最高峰「石鎚山」から流れ、市内至るところに湧き出る「うちぬき」と呼ばれる湧水を仕込み水として使用しています。同蔵が醸すこだわりのお酒の数々は全国的に高く評価され、中でも「純米吟醸 雄町」は2016年度の「SAKE COMPETITION」の純米吟醸部門で金賞(8位)を受賞しています。そのほか純米大吟醸も金賞、そして銀賞2点と実力を証明しています。

小仕込み、槽搾りで繊細な食中酒に定評

石鎚酒造の創業は、大正9年(1920年)。現蔵元の越智英明氏の祖父・恒次郎氏が当地に蔵を構えました。創業から「手造り」にこだわり、平成11酒造年度(11BY)から杜氏・蔵人が不在となり、家族4人中心の酒造りとなりました。現蔵元が釜屋(甑回り)を担当、長男・浩専務が酒母・もろみの管理、「武勇」を醸す茨城県の「株式会社 武勇」で働いていた、次男・稔製造部長が原料処理、麹造りを担当、専務の奥様・弥生さんが酵母培養や分析を担当しています。

sake_ishiduchi_1

目標とするお酒は「食中に生きる酒」で、きめ細やかな酒質を目指しています。1回で仕込む米の総量は500㎏~1000㎏の小仕込み。さらに全量を「槽搾り」か「袋吊り斗瓶取り」でゆっくりと搾ります。「槽搾り」は幾層にも積まれた醪自身の重みで酒と酒粕に分離されます。「ヤブタ」と呼ばれる自動圧搾機と比較して、綺麗できめ細やかな味わいになると言われています。

完成度の高い「SAKE COMPETITION」金賞受賞酒

sake_ishiduchi_4

本品は、備前雄町を50%まで磨き、酒質が最も安定している搾りの中間部分「中汲み」を槽で搾った一品。金賞受賞酒は「袋吊り」です。穏やかな吟醸香、口に含むと雄町らしい甘味、酸味、ふくらみを感じます。

sake_ishiduchi_2

雄町は熟成に向いている酒米で、秋口から味が乗ってくるとも言われますが、このお酒も、9月に出荷されているので、味乗りがしっかりしています。ポッチャリした雄町のふくらみをが感じますが、そこは石鎚、味は出過ぎずにバランスよく抑制されています。雑味も感じず綺麗で柔らかい味わい。しかし、食中酒としての切れ味はしっかりしているので、呑み飽きはしません。優しさ、力強さ、繊細さ、そして最後の切れ味と高いレベルでまとまっています。

sake_ishiduchi_3

石鎚の中ではしっかりした味わいなので、焼肉や焼き鳥などに合いそうです。また、白身魚のお刺身やブリの照り焼き、マグロの赤身まで幅広く合わせることができるでしょう。愛媛名物なら「じゃこ天」などは最高かも。洗練されているのに素朴さも同居し、気取らずに味わえる一品。お燗にすると、雄町のふくらみをより感じることができ、チャーミングな味わいになりますよ。

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!