日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

ライター一覧

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!

sake_shin

「お手本になる、日本酒生活」をテーマに、 ウェブサイト・ブログにて、伝わりやすい日本酒・グルメ情報を発信。 また日本酒を媒介に自身の感性を磨くイベント【ITADAKI sake&sense】など各種イベントを開催。 第3回・4回世界唎酒師コンクールセミファイナリスト。日本酒学講師・唎酒師。

ウェブサイト

謝 ひかり

台湾・台北市在住のフリーライター。 「もし酒を飲まなかったらドンダケ貯金出来たか」→「いやいや酒のない人生なんて、と頭をふる」→「はじめにもどる」を繰り返しているアラフォー。 主催ブログ「台北物語~taipei story」では、生活文化の視点を通して台湾の表情を書きとめています。

片桐 新之介

2001年に大手百貨店の酒売り場担当、のちに利き酒師と焼酎利き酒師を取得。京都町家で日本酒を楽しむ会主宰。日本酒の海外へのマーケティングも行う。元魚屋でもあり、魚料理が得意

川村 道宏

純米酒専門店 酒肴屋(さかなや)かわむら店主『タバコを吸う人がいない安心を、あなたへ約束します』をコンセプトに 「非喫煙者限定」「会員制」「予約営業」「1日1組」で純米酒と懐石料理を提供する。日本酒の新しい楽しみ方の提案を執筆中。

スギオカ

お酒と釣りそして家族。を、こよなく愛す鯨飲馬食な酔いどれかーちゃん。 元バーテンダーの経験を生かし(ているつもり。) 自宅をちょくちょくスナックスギオカにすり替えては 良い酔いひと時をめざし日々精進中。 日本酒の魅力を少しでも お伝えできるよう頑張りますのでよろしくお願い致します♪        

永木 三月

テイスティング専門家として活動中。ライターとしての活動の他、「おいしいもの味覚鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。 日本酒はもちろん、日常を支える家庭料理の楽しみから高級レストランの味わい深さまで、あらゆる食の楽しみを伝えるべく日々活動しています。

ウェブサイト

ひらた ともみ

栃木県宇都宮市在住、イラストレーター。 20代、30代、40代と出産を経験したため、ずっと子育て中。 主に女性誌、WEBなどのメディアでイラストやコラムを連載。 著書にコミックエッセイ「これでいいのだ!働くかあちゃん」(中経出版)

鈴木紗雪

大学で日本文学を専攻。「お酒が飲みたくなる3冊」という日本酒と文学作品を絡めた記事をはじめ、映画、落語、音楽などの文化的な要素と日本酒とを扱った記事をご紹介しています。お菓子づくりも好きで、日本酒や酒粕を使ったスイーツのレシピも公開しています。

佐々木 由美

昼はしがないサラリーマン。夜は美味しいお酒と食と会話と音を求め、街をさまよう放浪人。さまよっているうちに自分の家でパーティーを重ねるようになり、とうとう行きつけのお店の定休日をお借りして、不定期におつまみ居酒屋を開店したりしています。お酒は色々飲むけれど、いきついたのは日本酒。だって、日本の人だもの!

丸山 武

富山在住。ワインアドバイザー。フランス三ツ星レストラン「ポール・ボキューズ」「ミッシェルブラス」にて研修。大阪・辻調理専門学校講師、フランス校勤務を経て独立。飲食店経営、ケータリング、講師として活動中

三浦 環

秋田県出身。お酒の美味しさを色々な方に伝えたいと思い、酒蔵ブースでのお手伝いや秋田のお酒を愉しむイベントを開催しております。現在、日本酒専門飲食店にて日本酒担当として修業中です。

石黒 建大

SSI研究室専属テイスター。酒匠、日本酒学講師、SSIの日本酒地酒検証研究員、日本酒香味検証研究員、日本酒セールスプロモーション研究員。 第2回、第3回世界利き酒師コンクールセミファイナリスト。現在は大阪の某有名料理店に勤務。

濱多 雄太

1984年生まれ。富山県魚津市にて日本酒の楽しみを発信する飲食店『浜多屋 魚津駅前店』(ミシュランガイド北陸版掲載店) 『hamadaya LABO』を経営。食にまつわる資格:酒匠/日本酒学講師/全日本ソムリエ連盟ソムリエ/東京都ふぐ調理師。色々な視点から日本酒の魅力を伝えます。

内藤 俊

内藤醸造㈱にて少量生産ですが日本酒『木曽三川』の製造と販売をしております。飲んだ日本酒は1000種以上になるほど日本酒が大好き。だからこそ、自分の携わる日本酒『木曽三川』には一切の妥協を許しません。夢は『木曽三川』を世界中に輸出すること。応援お願いします!

山口 奈緒子

日本酒のテイスティング資格「唎酒師」「酒匠」保持。日本酒専門メディアSAKETIMESの立ち上げに参画。 在籍中の1年間で、日本酒の知識を活かしユーザー拡大に貢献した。 現在は、日本酒の選定・講師など、日本酒の魅力を広げるべくさまざまな活動を行っている。

空太郎

日本酒指導師範(菊正宗認定)&酒伝道師です。 1年365日、日本酒を飲んでいます。 10人未満で丁寧にお酒を醸す銘酒小蔵がたくさん存在することが、 日本酒の多様性と魅力を維持するのには欠かせないと思っています。 そんな酒蔵の活動や、それを応援する酒販店や居酒屋の動きを お伝えしていきます。

生駒 龍史

CEO of clear,inc/日本酒メディア「SAKETIMES」を運営中。過去には日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」渋谷の日本酒ダイニング「sakeba」オリジナル日本酒「First Kiss」などを創業&運営。

嗚呼蛙

マンガ家、プログラマー、ライター、ブロガー等など色々やっています。 日本酒はマンガ「もやしもん」をきっかけに飲み始め、最近ようやく美味しいと思い始めた超ビギナー。 美味しさと知識を求めて日本酒勉強の日々。 すぐ酔っ払ってしまうので、沢山飲めないのが悩みです。

norikohida

学生の頃より谷中の言問通り、通称"日本酒通り"沿いに住み始めて今年で在住歴12年になりました。昼は会社員をしており、趣味は旅行と谷根千エリアでの飲酒です。日本酒をはじめとしたお酒と美味しい食事と谷根千を愛しています。

菊森 久美

利き酒師。広告会社の代表兼ライター。1977年。兵庫県東灘区生まれ。出張先で出会った日本酒やお店など、気になった情報を記事にしていきます。

渡邊 貴都

名古屋で焼肉屋で日本酒を楽しむというコンセプトで《和牛焼肉じろうや 介》を営んでおります!日本酒をさまざまな食のシーンで楽しんで頂きたい、そんな想いで日々奮闘しております!生産者の想い等も発信していきます!

まゆみ

酒匠、料理研究家。1日も欠かすことなく酒を呑み続ける、驚胃の持ち主。郷土料理を大事にし、添加物の無い食卓を心がけている。ブログ「スバラ式生活」は人気。著書に、うち飲みレシピ、スバラ式弁当がある。

ウェブサイト

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。

栗本 和紀

奈良県在住。世界で唯一の職業「日本酒作家」として『世界一おもしろい日本酒ブログ』を執筆中。日本酒×言葉から創りだされるエンターテイメントは、すべての読者を魅了する。日本酒を飲みながら、ゲストと夢を語るTV番組でメインMCをするのが夢。

ウェブサイト

伊藤 理絵

燗酒嘉肴「壺中(こちゅう)」燗番。 温めると、旨味が引き出されまろやかになる。だから通年、お燗がお薦め。開栓後、熟成し味わいの変化が楽しめる、軽くすっきり、しっかりとした酸がある、それぞれをキーワードにお客様の好みに合わせた純米酒を提供。

ウェブサイト

週刊KURAND

KURANDは、全国各地のまだ見ぬ美味しい日本酒をみなさまにお届けする、新しいカタチの酒屋です。日本酒の定期購入サービス「KURAND CLUB(クランドクラブ)」、日本酒飲み比べ店舗KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」を運営。また日本酒を楽しむイベントを定期的に開催しています!

ウェブサイト

永野 薫

京都市育ち、イタリアのトスカーナ州在住。唎酒師保持。ライター、イラストレーター、日本語教師に海外人事コンサルティング等、ちょこちょことやっています。他のヨーロッパ諸国とは違いまだまだ日本酒の浸透していないイタリアで日本酒普及活動のお手伝いも始めました。

稲田 夕佳

「唎酒師」「日本酒学講師」保持。福岡在住。日本酒を好きな気持ちが高まり、その魅力を発信していきたいと思うようになりました。飲んで楽しむことはもちろん、日本酒美容の研究にも取り組んでいます。

やいち

愛知在住。イラストレーター。なんとなく好きだったくらいの日本酒に名古屋の観光PR隊『名古屋おもてなし武将隊』による“地元愛プロジェクト“をきっかけにより興味をもつ。週末は名古屋城に入り浸りつつ地元の日本酒イベント等にもふらふらと

沼田 まどか

那覇在住。2015年5月まで、香港の小売店で和酒バイヤーとして勤務していました。11年間の香港生活で試飲したお酒は星の数。日本酒、焼酎、泡盛、ワインなど、美味しいお酒なら何でもいただきます!

馬渡 順一

山田錦のふるさと兵庫県出身。現在は東京の多摩エリアを中心に呑んだくれ活動中。FBO公認日本酒学講師、きき酒師、焼酎きき酒師。大学で教鞭を取るかたわら、日本酒応援活動を細々と行っています。自宅呑み大好きです!「No SAKE, No LIFE」を合い言葉に、これからも呑んだくれます!

KOTA(コタ)

旨い酒と肴に心の居場所を求める晩酌マニア。家では「呑むなら作るべし」と自作の肴に舌鼓。日々繰り返す「呑み過ぎ&反省」のジレンマから、不惑の呑兵衛になるべく利き唎酒師を取得。広告制作および物書き稼業の傍ら趣味で里神楽(獅子舞)も。

ウェブサイト

リンゴの魔術師

札幌生まれ、弘前大学人文学部に入学するも農学生命科学部を卒業。今は秋田で杜氏を目指し修行中。夏は技師、冬は麹室助手をやっています。造りを通して見た日本酒というものを書いてゆきたいと思います。お酒って、飲んでも考えてもおもしろいですよね。趣味はお絵かき、リンゴ彫刻、鉄道、雑魚釣り、花いじり、猫いじりなどなど。

NAOYA

1988年生まれ。 日本醸造協会認定きき酒マイスター、SSI認定唎酒師・国際唎酒師。 同世代の若い日本酒好きを増やす事と、若い蔵元の応援が出来ればと思っています。

鈴木 将之

普段は某コンサルティング会社で堅い仕事をしていますが、暇さえあれば日本酒会に参加したり酒蔵を訪問しています。大きな蔵から小さな蔵まで、造り手の思いと共に、日本酒の様々な魅力を熱く伝えます。

山本 清子

IT系フリーランサーの傍ら、日本酒とチーズを軸とした飲食店とイベントコンサル業務も手がける。スタイリッシュな日本酒バルの開拓を愛しており、女性がひとり、日常的にバーで日本酒を気軽に飲める時代が来ることを信じて活動していく。きき酒師およびチーズプロフェッショナルを保持。

久野惣司

東京生まれ、大阪在住の利き酒師。大学時代、落語研究会の先輩に誘われて日本酒道の入り口へ。 唎酒師の取得後は、日本酒関連の仕事を求めて京都伏見の藤岡酒造で寒仕込みの手伝い中。「くりぃみぃな久野」の名義で日本酒漫談にも挑戦中。

東京在住。フリーランスの食空間プランナー。「フードコーディネーター」「食育インストラクター」「ジュニア野菜ソムリエ」保持。 食と器と旅が大好き!シーン別の日本酒×食空間のご提案や、気になるお店のご紹介をしていきます。

真野 遥

日本酒を愛するフードコーディネーター。東京農業大学醸造学科研究生。レシピ開発やケータリング、地域密着型の商品開発など幅広く活動しております。「お燗講座×発酵料理教室」主宰。飲んだ後のラーメン食べたい欲と日々格闘中。

フロメル 麗奈

千葉県生まれの千葉県育ち。現在はドイツのラインラントプファルツ州にて国際利き酒師の勉強中。子育てをしながらクッキングコースなどを開催しドイツでも毎日作れる和食レシピを創作しています。ドイツの日本酒事情をタイムリーに伝えながら、自らもドイツでの日本酒普及活動に参加していきます。将来の夢はドイツで日本酒バーを開くこと!

梁井 宏

金沢の創業1625年の老舗酒蔵で、40年余りにわたり、酒造管理、商品開発、市場開拓などに携わってきました。同社を退職後は、酒関連の情報収集と併せ、現役時代からこだわってきた、「熟成古酒」の啓蒙活動に力を入れています。

湊 洋志

半年稼業の生粋の丹波杜氏の蔵人として灘の酒蔵にて酒造り行う一方、「丹波流酒造り唄」の伝承活動に取り組む。さらに、「酒蔵芸人みちあんNoBo」として蔵人生活の経験を活かした酒造り芸の披露公演を各地で行う。米国ワシントンDCでの公演を初め、海外への日本酒文化の発信活動に精力を注ぐ。

燗仁 (Kanjin)

もっぱら腰があってしっかり熟成した燗酒を好んで飲んでいます。ときには真面目に利き酒しれ議論を交わし、ときには家でだらだらと飲み、ときには酒仲間と盛り上がり、ときには一人でどこかの店で飲んでいます。酒を愛する人々を応援したいと思っていますが、まずは一献。

綱嶋 航平

京都在住の大学生。唎酒師。日本酒の素晴らしさをひとりでも多くの方に!との思いから、純米酒専門の飲めて買える酒屋「浅野日本酒店KYOTO」で働いています。夏でも冬でも燗酒党。毎晩欠かさず燗酒を飲んでは、ほくほく顔をしています。今日も美味しいお酒と肴で一献を♪

ミトモナオ

北海道恵庭市出身。埼玉県在住。広告関係の仕事をしながら、日々うまい日本酒を探し歩いてます。面白みのある飲食店・イベントレポート・うまい酒の紹介など、すこしでもみなさんに興味を持ってもらえる事をお伝えしていきます。

阿部絵里

1988年生まれ、東京都在住。日本酒はもちろんのこと、ワインやビールなど酒類全般が大好き。杜氏に憧れるも、納豆もこよなく愛するため断念した悲しい過去を背負う。毎日にちょっとした楽しみを加えられる記事づくりを目指す。日本酒で乾杯の会会員。

SAKERINA

フランス在住ライター。酒好きが高じて、学生時代に唎酒師を取得。「日本酒文化をヨーロッパに広めたい」という密かな想いを胸に日々、フランス語と格闘中。欧州のリアル日本酒事情や、日本酒に関わる人々の姿など、海外ならではの情報をお届けします。

小林 健太

1982年、東京都板橋区生まれ。11年勤めたコンサルティング会社を退職し、家業の酒販店に戻るため勉強中。「お酒の香り、味」だけでなく、「蔵の雰囲気、蔵人の様子」「素材(米・水)の特徴」「造りのこだわり」も伝えていきたい。SSI唎酒師。実家は板橋区高島平の若松屋酒店。

ウェブサイト

天田知之

大阪市在住、2013年灘の酒大学卒、日本酒指導師範(菊正宗酒造)。 2005年に飲んだ奈良県の酒に感動し、再び日本酒にどっぷり。 古寺や歴史的建造物、古民家を見るのが趣味であちこちに出かけては酒蔵を巡っています。 勝手に選んだ「近畿100酒蔵御酒飲巡り」を実施中。

あらたに菜穂

1980年代の地酒ブーム以前から酒販店さんと全国の酒蔵をまわり、地酒を扱ってきた父の影響を受け小さい頃から日本酒に囲まれて育つ。やるとなったらとことんやる性格のため毎年、仕込み時期の酒蔵に数日修行へ。日本酒と焼酎の唎酒師ではあるが自分の味覚と嗅覚に絶対の自信を持つために酒類総合研究所の清酒官能評価者になるまで唎酒師を名乗らないことにしている。

小鳥あんず

1988年生まれの駆出しライター。美味しい酒と肴を愛し、燗の温度で季節を感じます。晩酌は毎日まじめに。日常生活のなかで日本酒を楽しむための小さなコツや、日本酒というものに関わる方々の姿やその思いが伝わっていくよう、丁寧な記事を心がけて精進してまいります!

しおグル / 矢野詩織

旅好き、日本酒好きの25歳。会社員のかたわらグルメライター・狩猟女子として情報発信中。狩猟免許・日本酒ナビゲーター資格を持ち、ジビエ料理などの食のイベントも開催。SAKETIMESでは『LOVE!恋する日本酒』と題し、女の子にむけた“日本酒のあるライフスタイル”を提案します!

ウェブサイト

山口 吾往子

京都在住。英語通訳案内士。外国人向け地域密着型ツアー「Deepest Kyoto Tour」共同代表。日本酒学講師、国際唎酒師。「日本酒のよさを世界に広めたい!」という野望のもと、調査と称して全国各地の日本酒を呑み歩く一方、利き酒会、酒蔵ツアー通訳などを行っている。

嘉手川瑞姫

カデカワ・ミズキ。沖縄生まれ沖縄育ち、東京住まいのライター。21歳にして日本酒にどはまりしてしまった女の子。財布に千円札が余分にあると酒屋でお酒を買いがち。チョコレートを愛してやまないチョコおたく。フットワークが軽いので、どこにでも行きます。

橋村 望

秋田出身のフリーライター/ウェブデザイナー/日本酒愛飲家。美味しい酒肴に出会えると幸せです。SSI認定酒匠、利き酒師、焼酎利き酒師。長期熟成酒研究会会員、自宅で日本酒を育てる会会員。

リリース情報

大阪の堀江・心斎橋・難波で日本酒にこだわるお店ばかりを集めた「日本酒ガールほろよいまっぷ」が5/1(月)に発行

ニオイ可視化サービスの発表記念!次世代型日本酒試飲イベント「SAKE TECH LAB 2017 #1」を6/4(日)に東京・青山「スパイラルホール」にて開催

ソトノミをコンセプトにした「白鹿 ICE SAKE あいす酒 原酒 DRY」「白鹿 ICE SAKE あいす酒 原酒 Sweet」を5/25(木)に全国で限定発売

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2017 SAKE部門で、一ノ蔵が醸す「一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口」「一ノ蔵 Madena」がダブル受賞!

美しくオシャレに日本酒を味わいたい女性のため「KOBE SAKE STYLE 灘の酒 七夕 Night in sola」が7/7(金)に「神戸北野クラブ ソラ」にて開催

今代司酒造が日本酒度(+15)で極めて辛口の「ブラック今代司 極辛口純米酒」を5月に発売開始