日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

大観 雄町 純米吟醸 火入れ(森島酒造株式会社/茨城県日立市)

> > > 大観 雄町 純米吟醸 火入れ(森島酒造株式会社/茨城県日立市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

酒豪の画家・横山大観が「大観」の銘柄を提案

森島酒造のある川尻町は、茨城県日立市中心部から車で20分の海岸沿いに位置します。蔵も直線距離で海から約30mという浜辺の酒蔵です。明治2年(1869年)に創業し、昭和20年の太平洋戦争時には空襲で蔵の大半を焼失しましたが、翌21年に石蔵を建て再開しています。

茨城県水戸市出身の日本画の巨匠、横山大観氏が同蔵の酒を愛飲していました。昭和28年、大酒豪の大観氏が同蔵の新酒を気に入り、「大観」と名付けることを提案。現在の「大観」が誕生したのです。ラベルの文字も、大観氏の筆記だそうです。

茨城県で初めて南部杜氏資格を取得

平成23年(2011年)東日本大震災では、茨城県も地震と津波の被害を受けました。海沿いの同蔵も津波が膝まで押し寄せ、外壁の崩落や床や建物のひび割れ、瓶詰めしたお酒の破損など、被害は少なくありませんでしたが、復活を果たしました。

現代の技術革新にとらわれず、「人の判断、感性、ひらめき」を重視。手造りにこだわって、27BY(醸造年度)から、蔵元専務の森嶋正一郎氏が杜氏として酒造りを行っています。正一郎氏は、蔵の南部杜氏に付いて7年間修行し、2006年に南部杜氏協会の杜氏資格選考試験に合格しました。

南部杜氏とは岩手県の清酒造り職人で、全国に杜氏制度がありますが、その中でも有力な杜氏集団です。後継者不足などから、1996年から岩手県外の出身者にも資格を与えています。正一郎氏は、茨城県初の南部杜氏となったとか。その後も蔵の運営をしながら杜氏修行を続け、蔵元杜氏としてデビューしました。

杜氏デビュー初年度で鑑評会の金賞受賞

今回の純米吟醸は、「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2016」で初の金賞を受賞。金賞受賞酒の中でも最高賞「トロフィー」に次ぐ、地域名を冠した「茨城トロフィー」に輝きました。正一郎氏が杜氏として初めて一から醸したお酒が、快挙を成し遂げたのです。

このお酒は備前雄町を50%まで磨いています。熟れた果実香が印象的。口に含むと、火入れながら若干のフレッシュ感があり、雄町らしい太い米の旨みと、心地よくフルーティーな酸味も感じます。インパクト十分な口当たりですが、適度に引き締まっていて味が出過ぎることなく、ほどよい余韻を残しスッと切れていきます。バランスが良く、旨みはしっかりしているのですが上品さもあわせ持ち、雄町らしさを活かしながらもスマートで南部杜氏らしい味わいです。焼き鳥や焼肉、ステーキなどにも合うと思いますし、茨城の名産ならあんこう鍋、あん肝とも絶好の相性でしょう。

<関連商品>
 
 
 

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!