日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

竹の園 辛口純米酒 強敵(とも) (矢野酒造/佐賀県鹿島市)

> > > 竹の園 辛口純米酒 強敵(とも) (矢野酒造/佐賀県鹿島市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀有数の酒どころ・鹿島の老舗蔵

九州でも有数の酒どころ佐賀県。中でも鹿島市は、6つの酒蔵が銘酒を醸し、日本酒好きには注目の街と言ってもいいでしょう。「鍋島」を醸す富久千代酒造も、同市にあります。鹿島市も「酒蔵ツーリズム」と題してガイド養成講座を開催するなど、「酒蔵のまち」として売り出しています。

そんな鹿島市に構える矢野酒造の歴史も古く、創業は江戸期の寛政8年(1796年)。蔵は明治期のもので、母屋は国指定の登録有形文化財となっています。主要銘柄は「肥前蔵心」「竹の園」。年間生産石高は600石。昭和62年(1987年)から純米酒への取り組みを始め、平成16年(2004年)からは純米酒を中心に醸す「純米酒宣言」を行い、社長自ら蔵に入り、杜氏とともに酒造りに励んでいます。現在の製造責任者は、9代目の矢野元英氏とのこと。

パンダラベルシリーズが大人気

現在は「竹の園」銘柄のかわいいパンダラベル「ぱんだ祭り」シリーズが大人気。「竹の園」には竹が好物とされるパンダがふさわしいと、佐賀の酒を応援する市民グループの発案で2012年から、季節によりさまざまなパンダラベルのお酒が販売されています。

この「辛口純米酒 強敵」はパンダシリーズの秋バージョン。「強敵」と書いて「とも」と読みます。ラベルに派手さはありませんが、パンダのほかシロクマが登場。一緒にお酒を仲良く差し合っている姿が可愛らしく印象的です。現実ではありえないコラボ。動物園では人気を二分するので「強敵」ですが、同じ熊の仲間なので「とも」となるのでしょうか?

米の旨みとシャープな酸が心地よい晩酌酒

同酒は、酒造好適米「吟吹雪」を57%まで磨いています。吟吹雪は「山田錦」を母に、「玉栄(たまさかえ)」を父とした酒米。香りはおだやかで、いちじくのような甘やかさ。口に含むと、吟吹雪の特徴を活かした、山田錦のふくらみと玉栄の力強さを感じられ、米の旨みを存分に味わえます。しかしくどい感じは一切なく、シャープな酸が後味を引き締めてくれ、適度なキレが心地よいです。辛口というより、しっかり発酵させたお酒に感じるサッパリとした後口。

お燗にすると丸く柔らかくなり、ゆったりまったり飲める極上の晩酌酒となります。食中酒としては万能で、和食全般、特に魚介系(キス、鱧、ワカサギなど)の天ぷらや、焼き魚や煮魚、豚の角煮などに合うでしょう。限定酒なので、なかなか手に入りませんが、冬はこたつに入って温まりながら、燗酒とラベルに癒される呑み方もありですよ。

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!