辰馬本家酒造株式会社(兵庫県西宮市)、一般財団法人 流通システム開発センター(東京都港区)、株式会社大和コンピューター(大阪府高槻市)、株式会社SPAZIO IDEA(東京都世田谷区)が、ICチップとアンテナが内蔵された電子タグ(RFID)を使った実証試験を、2月1日(金)から開始しました。

出庫から店頭までの流通動態を把握

辰馬本家酒造の直営店舗「白鹿クラシックス」(兵庫県西宮市)の外観写真辰馬本家酒造の直営店舗「白鹿クラシックス」(兵庫県西宮市)で販売する日本酒の一部にRFIDの電子タグを貼付、出庫から店頭までの流通動態を把握します。(対象商品:白鹿 西宮郷大吟醸/特別本醸造 山田錦/特別純米 山田錦)

白鹿 西宮郷大吟醸のボトルの写真

今回の実証試験では、以下オペレーションの自動化・効率化を期待しています。

  • 店舗バックヤードにある日本酒の本数把握(商品別)
  • 店頭の棚に展列されている日本酒の本数把握(商品別)
  • 販売した日本酒の本数把握(日別、時間帯別)
  • 店舗からレストランに持ち出した日本酒の本数把握
  • お客様が手に取った商品の把握(スマートシェルフ利用)
  • バックヤードで品薄になった商品の自動発注日本酒RFIDを使用したイメージ図

またこの実証試験を通じて、以下の事項の実現に向けて取り組みます。

  • RFIDの機能と特性の把握
  • RFID機器操作方法(及びそれに伴う作業負荷)の把握
  • 実店舗でのオペレーション効率化へのアイデア収集
  • RFID導入における課題の整理
  • 必要機器とそれに要するスペース等の把握
  • 導入費用と稼動コストの把握
  • 将来の物流の応用等、店舗以外での利用に対する計画

日本酒は重量が重く、倉庫内での作業に負荷がかかります。そのうえ、酒税管理上、倉庫内の本数を把握することは法律で課せられた頻度の高い作業でもあります。今回のRFIDを用いた自動本数把握によって、倉庫での作業負荷軽減に繋げていきます。

従来、液体物には電子タグを貼付して効率的な読み取りをするのが難しいと考えられていましたが、海外のワインなど、RFIDの利用事例が増加していることから、今回のプロジェクトが始まりました。

参画する各社が書かれたマップ

実証試験結果については、辰馬本家酒造以外の酒造メーカーも対象に、セミナーと報告会を2月26日に予定しており、広く業界全体へ知識経験の共有を図りたいと計画しています。

本プロジェクトの支援企業として、RFIDに関連する以下の各社が参画しています。

  • Impinj, Inc.(インピンジ)
  • エイブリィ・デニソン・ジャパン 株式会社
  • 株式会社 シーデックス
  • デンソーウェーブ 株式会社
  • マスプロ電工 株式会社
  • ミカサ商事 株式会社
  • ワイエイシイエレックス 株式会社
  • アクア株式会社
    (順不同)

◎本件に関する情報

◎お問い合わせ先

  • 株式会社SPAZIO IDEA
  • 担当:入江
  • irie@spazioidea.co.jp

この記事は、リリース情報配信サービス「SAKETIMES PRESS」を利用しています。

「SAKETIMES PRESS」は、新商品・イベント開催・新店舗オープンなど、日本酒にまつわる新規情報を掲載するサービスです。必要事項を入力していただくだけで、SAKETIMES編集部で簡単なニュース記事を作成します。公式SNSでの情報拡散も行うため、多くの日本酒ファンへの訴求が期待できます。広報や集客に、ぜひお役立てください。

「SAKETIMES PRESS」には3種類のプランがありますので、ご要望やご予算に応じて、使い分けることができます。

1)SAKETIMES PRESS(無料)

文字数は400字以内、画像は1点のみのシンプルな記事を配信します。まずはこちらからお試しください。
SAKETIMES PRESS詳細

2)SAKETIMES PRESS Pro(有料)

無料版の「SAKETIMES PRESS」よりも、文字数・写真点数の制限を大幅に拡大しました。動画の挿入も可能で、さらに訴求力の高い記事を配信することができます。
SAKETIMES PRESS Pro詳細

3)SAKETIMES PRESS English(無料)

英語版SAKETIMESの「Weekly News」に無料掲載します。日本語で申請いただいた情報を、英語に翻訳し配信します。(審査有)
SAKETIMES PRESS English詳細

※ご留意事項

  • いずれのサービスも、一般的な記事に比べると簡易なもので、個別の取材などが入ることはありません。
  • 配信可否は社内審査に基づいて決定され、記事化を約束するものではありません。
  • 申請の原文がそのまま記事化されることを保証するものではありません。
  • 審査基準は公開しておりません。

詳細:日本酒メディアSAKETIMESを運営するclear、誰でも無料でSAKETIMESでのリリース情報の配信が可能になる「SAKETIMES PRESS」を開始!