日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

東京の晩秋を彩る、国内最大規模の日本酒イベント「黄葉見SAKE2015」体験レポート!”黄金色のイチョウ並木”をながめて味わう日本酒&ご当地グルメに大満足!

> > > 東京の晩秋を彩る、国内最大規模の日本酒イベント「黄葉見SAKE2015」体験レポート!”黄金色のイチョウ並木”をながめて味わう日本酒&ご当地グルメに大満足!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、SAKETIMES編集部です。

ライトアップされたイチョウ並木の下で日本酒飲み比べができる「黄葉見SAKE2015」が、今月24日からついに開幕!

全国47都道府県、実に276銘柄の日本酒が揃うということで、SAKETIMES編集部もさっそく初日から行って参りました!!今回はその様子をレポートいたします。

いざ、靖国神社参道のイチョウ並木へ

訪れたのは11月24日(火)の午後4時。

koyomi1
気持ちのよい晩秋の秋晴れです。イベントの初日としては絶好の天気!気持ちが高まります。koyomi2

全国各地の日本酒がズラリ!その数総計276銘柄

黄色がかったイチョウ並木を眺めるのもそこそこに、とにもかくにもまずは一杯!ということで、さっそく飲み比べブースへ。
飲み比べチケットは2,000円(税込)。おちょこ2個と専用トレーがもらえて、276銘柄からどれでも好きなお酒を5杯まで飲み比べられるんです!

koyomi3

1杯目に選んだのは「上善如水 純米大吟醸」(新潟)koyomi4
おちょこに並々とついでいただきました!
味わいはとってもまろやか。甘く穏やか香りが気品を感じさせる、これぞ”大吟醸”という一献です。

「郷土に出会う 物産コーナー」で全国のご当地グルメに舌鼓!

美味なる日本酒には、おいしいおつまみが欠かせません。
「黄葉見SAKE2015」には、そんな要望に応える絶品ご当地グルメの数々が揃っています!

ここで紹介するのはほんの一部ですが、どれもこれも本当においしいんです!作り置きではなく”出来立て”を食べられるのが嬉しいですね。

ブレイク必至!大阪の新定番ご当地グルメ「お好みたい焼き」(大阪)
大阪観光局が12月に創設するご当地グルメ制度で第1号に内定している逸品。東京ではなんと初出店!ふっくらした生地にぎっしりつまったお好み焼きの濃厚な味わいがとっても美味。片手で持てるのも嬉しいです。

taiyaki1taiyaki2

「明太からあげ」(福岡)
揚げたてでサクサク&ジューシーなからあげは、24時間も明太子に漬け込まれています!
karaage

ふるさとマルシェ「ウニの貝焼き」(福島)
貝いっぱいに詰まったフワッフワのウニ!贅沢!!
uniuni2

あがらしゃれ真室川「鮎の塩焼き」(山形)
炭火でじっくり焼かれた鮎。皮はパリッ、中はフワッ。うーん、お酒が進みます!ayu

晴れるや/鯖街道「焼鯖寿司」(福井)
キュッと引き締まった鯖寿司。焼き目の香りがたまりません!sabazushi

おつまみに合わせて日本酒をチョイスするも、気づけばおちょこはあっという間に空に…
厳選日本酒と絶品ご当地グルメ。至福のひとときがここにあります!

11/24は和食の日。ツウも唸る”だし一献”で和食の真髄に触れる

「黄葉見SAKE2015」は”和食と日本酒”をテーマにしたイベント。
11月24日<イイニホンショク>の「和食の日」の制定を記念し、一般社団法人和食文化国民会議(通称:和食会議)と連携した和食を楽しむ様々なコンテンツが用意されています。

イチオシしたいのは「だしを味わえるお吸い物」の無料提供!厳選素材で手作りしただしは思わず声が出てしまうおいしさです。dashidashi2dashi3

「和食」と「日本酒」。日本が世界に誇る食文化の真髄を体験できるのが「黄葉見SAKE2015」なんです。

いよいよ点灯式!イチョウ並木が黄金色に染まる!

午後6時からは点灯式が行われました。
千代田区長・石川雅己氏をはじめとする来賓の方々による鏡割りに合わせて、イチョウ並木に光が灯ります!

raight

黄金色に彩られたイチョウ並木はなんとも幻想的な雰囲気
仕事帰りのお客さんも増え、会場は一段と盛り上がってきました!raight2
飲み比べブースには長蛇の列が!
right3

われわれも、ふたたび日本酒で乾杯!本当に幸せな時間でした。

「IBARAKI造酒司」(茨城) 市販されていない、限定醸造のめずらしいお酒!sake4

「紀土 純米吟醸」(和歌山) 注目も若手蔵元、平和酒造の人気銘柄!
kid
sake3

いかがでしたか?
ここで紹介したお酒・グルメほたくさんの中のほんの一部。ご紹介しきれなかったお酒・おつまみがあるので、ぜひ現地でチェックしてください!

27日・28日には日本酒ファン必見の豪華トークイベントを開催!

■11/27(金) 14:00〜
1日限定復活!お酒の学校「神田和泉屋学園」
横田達之校長”出版記念”特別講座

『日本酒の選び方と楽しみ方』(入場無料)

2015年3月、惜しまれつつもその歴史に幕を閉じた伝説の日本酒学校「神田和泉屋学園」が一日限りの限定復活!校長・横田達之さんが、ご自身の知識をたっぷりお伝えします。しかも参加は無料!日本酒ファン必聴の、プレミアトークショーです!


■11/28(土) 12:30〜/14:15〜

大注目の若手蔵元が登場。酒造りへの熱い想いを語り尽くす!

『若手蔵元×女性「酒」ジャーナリスト日本酒“偏愛”トーク』
(各回とも3,000円税込/ゲスト酒造の銘柄試飲付)

【第一回/12:30〜13:45】 テーマ: いまどきの『蔵元』というお仕事

ゲスト蔵元:平和酒造株式会社(和歌山県海南市) 「紀土」 山本典正さん
高嶋酒造株式会社(静岡県沼津市) 「白隠正宗」 髙嶋 一孝さん

【第二回/14:15〜15:30】テーマ:秋田から『農』と言える日本酒を

ゲスト蔵元:山本合名会社(秋田県山本郡八峰町) 「白瀑」「山本」 山本友文さん
福禄寿酒造株式会社(秋田県南秋田郡五城目町) 「一白水成」 渡邉康衛さん

今、大注目の蔵元同士による豪華対談二本立て!しかも、トークだけでなくゲスト蔵元のお酒の試飲もできるんです。日本酒業界の未来を担う蔵元たちが、一体どんな話を繰り広げるのか…実に楽しみです。

<第一回>前売りチケットの購入はこちら
<第二回>前売りチケットの購入はこちら

「黄葉見SAKE2015」はいよいよ残り2日!

黄金色のイチョウ並木をながめながら、日本酒と和食を堪能できる「黄葉見SAKE2015」は11/28(土)まで!東京のど真ん中にながらどこか懐かしい「郷土」を感じられる、他にはないイベントです。みなさんぜひ足を運んでください!!

 

「黄葉見SAKE2015」イベント詳細

■開催場所:靖國神社 参道(靖國神社 外苑)
■開催日時:11月24日(火)〜28日(土)
■実施時間:12:00~21:00
■詳細:黄葉見 SAKE2015ホームページ
http://www.koyomisake.tokyo/

<当日の日本酒飲み比べチケット販売>
■チケットカウンター:①大鳥居付近/②大村益次郎銅像横
■チケット販売時間:12:00~20:00
■販売価格:2,000円(税込)
■販売時お渡し物: 1,おちょこ(2個) / 2,銘柄リスト付きトレー

<本件に関するお問い合わせ先>
黄葉見SAKE2015運営事務局
電 話 03-3556-0393
F A X 03-3556-0392
メールアドレス pr@kanko-chiyoda.jp


sponsored by 黄葉見SAKE2015運営事務局

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。