日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

賀茂泉 純米吟醸 朱泉 本仕込(賀茂泉酒造/広島県東広島市西条)

> > > 賀茂泉 純米吟醸 朱泉 本仕込(賀茂泉酒造/広島県東広島市西条)
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本三大銘醸地の西条で創業

sake_kamoizumi1 (1)

大正元年(1912年)、初代蔵元となる前垣壽一氏により創業され1963年(昭和38年)に現会社名となりました。広島県東広島市の西条町は神戸の灘、京都の伏見と並ぶ日本三大銘醸地です。JR西条駅近辺には8蔵の酒蔵が集中しており、アクセスも良く、日本酒好きにはたまらない一大観光地と言えるでしょう。

同蔵も事前予約で酒蔵見学ができ、蔵内の酒泉館では、数十種類のお酒の飲み比べができます。

純米仕込みのパイオニア

賀茂泉と言えば、純米酒を復活させた蔵元としてお馴染みかと思います。昭和40年、蔵元2代目の前垣壽光氏が、戦前の窮乏期に失われた、本来の酒造りの復活を目指し、混ぜ物のない、米と米麹だけの酒造りを開始しました。

試行錯誤の末、商品化するには5年以上の時間を要しましたが、昭和46年(1971年)、純米醸造の「本仕込賀茂泉」として世に送り出されました。

当時は純米など特定名称の表記はなかったため、「無添加酒」と謳って販売されました。昭和48年(1973年)には純米酒の啓蒙のため「純粋日本酒協会」を設立するなど、文字通り純米仕込みのパイオニアと言って良いでしょう。

ぬる燗でユルユルと呑める吟醸酒

sake_kamoizumi2 (1)

このお酒は広島県産の八反新千本を精米歩合58%まで磨き、日本酒本来の旨みを出すため、炭素濾過をしていません。そのため、ほんのり琥珀色に染まっています。

賀茂泉を代表するブランドで、ふくよかな米の旨みと爽やかな酸味のバランスが良く、切れ味の良さも相まって、呑み飽きしません。その優しい味わいは「女酒」と言われる広島酒らしさを堪能できると思います。

スローフードジャパン燗酒コンテスト2013で金賞を受賞し、蔵元もぬる燗を薦めています。じっくり腰を落ち着けて、鰻や穴子の白焼きなどシンプルな酒肴と合わせると乙なものかも。純米吟醸ながらユルユルと呑める、ちょっと贅沢な晩酌酒と言えるでしょう。

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!