日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

全国でも1か所でしか買えない超限定酒!富山県・玉旭酒造「黒部源流 大吟醸 BLUE」

> > > 全国でも1か所でしか買えない超限定酒!富山県・玉旭酒造「黒部源流 大吟醸 BLUE」
このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒の名前に「限定」とついていると、「その地を訪れて飲みたい」「お土産にしたい」と思わせられますよね。今回ご紹介するのも、そんな魅力的な限定酒のひとつです。名前の通り、黒部ダムがある富山県黒部平限定の「黒部源流 大吟醸 BLUE」の味わいをお伝えします。

販売は日本全国で1か所のみ!超限定酒「黒部源流 大吟醸 BLUE」

sake_g_kurobe_1

「黒部源流 大吟醸 BLUE」は、富山県・玉旭酒造で造られているのですが、実はこのお酒、富山県の観光名所・黒部ダムに行く途中の「黒部平駅」の売店、1か所でしか販売されていません。玉旭酒造のホームページ等からも購入できない、まさに「限定酒」なのです。

sake_g_kurobe_2

器によって香りや味わいが変わる!

日本酒の楽しみ方は、燗をつける、冷やす、氷を入れる…など、多岐に渡ります。今回は「器を変えて」味わってみたいと思います。

2つの異なる器を用意しました。
左側は、日本酒のイベントなどでもよく目にする蛇の目のお猪口です。右側は、底から飲み口にかけて大きく広がった陶器のお猪口で、これは富山で購入したもの。地酒を飲むときは、その土地の器でいただくのもひとつの楽しみ方ですよね。

sake_g_kurobe_3

まずは蛇の目のお猪口から。

sake_g_kurobe_4

白い器に入れることで、うっすら黄味がかったお酒の色がよくわかります。口元に近づけると「フルーツっぽい」という印象で、控えめな香りです。
口に運ぶと、じんわりと甘みが広がります。お米を噛んだような素朴な甘さと、後味の辛さが特徴的です。お猪口の特徴として、香りが広がる形状ではないため、旨味がより強く感じられました。

次に、飲み口が広がっているお猪口でいただいてみます。

sake_g_kurobe_5

蛇の目のお猪口に比べ、香りが強く感じられました。柑橘系の果実のような香りです。そのせいか苦みも感じられ、甘みがより際立ちました。最後まで味の緩急をしっかり味わうことができました。

「便利な時代」だからこそ、その土地で味わえるお酒を

sake_g_kurobe_6

現在、インターネットを使えばどの地域のお酒でも、比較的容易に手に入るようになりました。訪れたことのない土地の食やお酒が、味わえるのは本当に素敵ですね。一方で、今回のように「その土地でしか手に入らない」地酒やお土産なども楽しいものです。

便利な時代だからこそ、もし、旅先で美味しいお酒に出会ったら……その土地の食材・器と合わせて、存分に味わってみてください。また、"その土地でしか購入できない日本酒"は、お土産としても大変喜ばれます。これからの行楽シーズンに、限定酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(文/鈴木紗雪)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

鈴木紗雪

大学で日本文学を専攻。「お酒が飲みたくなる3冊」という日本酒と文学作品を絡めた記事をはじめ、映画、落語、音楽などの文化的な要素と日本酒とを扱った記事をご紹介しています。お菓子づくりも好きで、日本酒や酒粕を使ったスイーツのレシピも公開しています。