日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

500円で利き酒ができる!奈良の名所「春鹿酒造」体験レポート!

> > > 500円で利き酒ができる!奈良の名所「春鹿酒造」体験レポート!
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、奈良県奈良市にあります今西清兵衛商店(いまにしせえべえしょうてん)「春鹿酒造  (はるしかしゅぞう)で、利き酒をしてきました。

奈良の新名所!ワンコインで、利き酒ができる!

近鉄奈良駅から徒歩10分ほどの「ならまち」一帯は、歴史情緒あふれる古民家や、若い女性を中心に人気のカフェや雑貨屋さんが建ち並ぶため、知る人ぞ知る奈良の観光名所です。

なかでも、いま注目を集めているのが、今回訪れた「春鹿酒造」です。なんと、ワンコイン500円で、利き酒ができます。

sake_g_harusikarepor_ 2 (1) (1)

まず、レジにて500円で利き酒グラスを購入すると、店の奥の席に案内され、利き酒をすることができます。

店内は、老若男女の幅広い年齢層の人で賑わっており、外国の方の姿もチラホラあります。外国(特にヨーロッパ)では、JAPANESE SAKEが人気で、そのワインのようなまろやかな味わいが注目されていますので、大仏で有名な東大寺徒歩圏内であるため、観光したついでに立ち寄る外国人観光客も多いようです。

季節ごとに変わる色を楽しむ!

sake_g_harusikareport8

利き酒グラスは4色あり、季節ごとに選べる色が変わります。

今回、訪れたのは8月だったので、水色でした。グラスの色によって、お酒を注いだときの見え方も変わるので、視覚で楽しむこともできるでしょう。

sake_g_harusikareport_5 (1) (1)

グラスの底には、鹿があしらわれていて、日本酒ファンなら是非とも全種類集めたい素敵なデザインです。

今回で3回目の訪問なので、3種類の利き酒グラスを所持しています。

まだ持っていないふじ色を手に入れるために、1年後の5月~7月に訪れようと思うのですが、1年間も待ちきれないので、それまでに何回も訪れることになると思います。

だんだんと、部屋のお猪口コーナーが、色鮮やかになっていきます。

バラエティ豊富なラインナップをいざ、利き酒!

sake_g_harusikareport_4 (1) (1)

全部で5種類の利き酒ができます。

ポピュラーな「超辛口」をはじめとして、季節限定品や、新酒まで、バラエティー豊かなラインナップが用意されており、訪れる度に、また違った味を堪能することができます。

どういったお酒なのか、机上にあるパンフレットに説明が書いてありますが、これは参考程度に。お店の方と、お連れさまと、お酒について語りながら、ゆっくりと味わってください。

途中で、お口なおしの水を注いでいただけるので、ありがたく頂戴しましょう。

酔っぱらいすぎると、話に夢中になりすぎて、せっかくの味が分からなくなるので、ご注意を。

お店の人の話では、毎日のように、この5種類を飲んで、お客様が楽しく利き酒ができるよう日夜、研究を重ねているそうです。聞きたいことがあれば、ここぞとばかりに聞いてみましょう。ひんやりと冷たいお酒とは相反して、お酒に対する熱い想いを持ってらっしゃいます。

奈良ならでは?奈良漬の試食までできる!

sake_g_harusikareport_3 (1) (1)

5種類の利き酒が終わりましたら、最後に奈良漬の試食もできます。奈良漬が出てくるあたり、奈良ならではですね。

春鹿の酒粕で漬け込んだ奈良漬です。全部で3種類あり、珍しい燻製したうりの奈良漬もあります。

これがまたオススメなのです。奈良漬が苦手な方も、モノは試しに、是非、試食してみてください。これなら!と思うかもしれません。

この奈良漬は、店内の売り場に、ならべられていて購入可能です。

※「奈良」でダジャレを言い過ぎていますが、シカらないでくださいね。

あぁ、おいしかった!

次は、デザートに、ならまちのオシャレなカフェでケーキでも食べようかな……と思いきや。

sake_g_harusikareport_6 (1) (1)

なんと、このあと、「ときめき」という、デザート感覚で飲める低アルコールのお酒も飲ませていただけるのです!
これまた、さわやかな味わいで、さっぱりおいしいです。この心遣いに、その名の通り、ときめきました。

本当に素敵なサービスの数々。

みなさまも是非、足を運んでみてくだ……あれ?

訪問中は、ほろ酔いだったため気付かなかったのですが……

振り返ってみると……

・春鹿オリジナル利き酒グラス

・5種類の利き酒

・3種類の奈良漬

・低アルコール酒「ときめき」

え!?これだけ付いて、500円!?なんとお得なことでしょう!

おいしいお酒に、おいしい奈良漬。最高の空間を味わってください。
是非、奈良に訪れた際は、「春鹿」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

(文/栗本 和紀)

今西清兵衛商店「春鹿酒造」 公式サイトはこちら。

<関連商品>
 
 
 

関連記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

栗本 和紀

奈良県在住。世界で唯一の職業「日本酒作家」として『世界一おもしろい日本酒ブログ』を執筆中。日本酒×言葉から創りだされるエンターテイメントは、すべての読者を魅了する。日本酒を飲みながら、ゲストと夢を語るTV番組でメインMCをするのが夢。

ウェブサイト