日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

酒の神を祀る府中市大国魂神社で開催!武蔵の国の酒祭りに参加してきました!

> > > 酒の神を祀る府中市大国魂神社で開催!武蔵の国の酒祭りに参加してきました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、SAKETIMES編集部です。

すかっとした秋晴れの日に外で楽しむ日本酒はとってもおいしいですよね!
今回は、そんな日本酒日和な秋晴れの日に府中市大国魂神社で行われた「武蔵の國の酒祭り2015」についてレポートをお届けします!

「武蔵の国の酒祭り」って?

「そもそもどんな趣旨で行われているの?」というあなたのために解説いたします。
武蔵の国の酒祭りは、醸造の守護神を祀る松尾神社の鎮座する大国魂神社において、地域活性と日本酒文化の活性を目的として開催されている東京都酒造組合主催のイベントです。
日本酒ファンの方々に、お酒に縁のある大国魂神社にてお酒造りの歴史と絡めて府中の魅力も味わっていただける内容盛りだくさん。また、自然豊かな場所なので、ゆったりと自然光を楽しみながらお酒を味わえるのが魅力です。

新宿から京王線特急で約20分、自然に囲まれた大国魂神社

武蔵の国の酒祭りの会場は、新宿から京王線特急で約20分の府中市にある大国魂神社参道わき広場。

sake_musasinokuni1 (1)

この日はさわやかな秋晴れで、多くの方々が会場にお酒を楽しみに集まっていました。

sake_musasinokuni2 (1)

なんと当日券は11時の段階で完売!

なんと先着100名さま分の当日券は開場後すぐに完売!以前から楽しみにされていた方も多くいらっしゃったようで、受付のために並んだ列からは、「この日のために先週はまるまる休肝日にしたんだ。」という声や「昨日は今日が楽しみすぎて祝杯あげちゃったよ。だから今から迎え酒。」なんていう声がちらほら。

sake_musasinokuni3 (1)

受付を済ませるとこちらのかわいいお猪口がいただけます。さあ、酒祭りのスタートです!

sake_musasinokuni21 (1)

全国の多彩な銘酒の利き酒

みなさん、お猪口をもらうや否や、待ってましたとばかりに各県のブースへと押し寄せていきました。各県のブースともに長蛇の列!

sake_musasinokuni8 (1)

全国各地の日本酒が一同に会すイベントは希少です。男性の参加者の方が多かったこともあるのでしょう、すれ違う方が口々に「全国制覇」「全国統一」とおっしゃっていたのは印象的でした。

sake_musasinokuni14 (1)

府中の味満載!おつまみコーナー

府中観光協会によるおつまみコーナーも!

こちらは、お揚げにしょうが、にんにく、ネギをトッピングし、ジュワッとお醤油をかけたもの。さっくりとしたお揚げと薬味のシンプルなお味が、むっちりとした旨口の日本酒にぴったり。

sake_musasinokuni6 (1)

府中観光協会推奨認定品のモツ煮は、こっくりとしたお味噌とモツ独特の旨みが絶妙なハーモニーです。ぬる燗にも合いそうですね!

sake_musasinokuni7 (1)

秋の味覚の王様である焼き秋刀魚も!こちらもまた長蛇の列ができていました。脂ののった秋刀魚に後味のきりっとした日本酒がたまりません!ひやおろしとの相性も抜群でした。

sake_musasinokuni13 (1)

大国魂神社境内を巡る「神社ツアー」も!

sake_musasinokuni15 (1)

武蔵の国の酒祭りでは、市のボランティアの方々による大国魂神社ツアーに参加することができます。大国魂神社の歴史はもちろん、古代・中世・江戸〜昭和とそれぞれの時代の様相を色濃く残す府中市の一面をツアーでは垣間見ることができます。
また、府中市では随時、市のボランティアの方々による市内観光ミニツアーを開催していますので、府中市にお出かけの際には是非、府中市情報観光センターへお立ち寄りください。(府中市観光情報センター:042-302-2000)

sake_musasinokuni16 (1)

大国魂神社境内には、醸造の守護神を祀る松尾神社が鎮座しています。この松尾神社は、寛政12年(1800年)に醸造家たちの求めに応じて京都松尾大社より勧請され、本殿の東側に建てられました。松尾大社の大山咋神(おおやまくいのかみ)と、梅宮大社(うめのみやたいしゃ)の酒解神(さかとけのかみ)が祀られています。現在も酒蔵の方々や酒類販売業の方々の信仰が厚く、毎年9月13日に例祭が行われています。

sake_musasinokuni17 (1)

都内の9つの酒蔵より本年度の安全なお酒造りを祈願して、樽酒が奉納されていました。

sake_musasinokuni18 (1)

お土産に最適!都内の酒蔵のお酒も販売!

sake_musasinokuni11 (1)

東京都9蔵の日本酒も販売していました。お土産に嬉しい四合瓶です。

ちなみにSAKETIMES編集部は、純米無濾過生原酒 十右衛門/豊島屋酒造嘉泉 特別純米 東京和醸-Tokyowajo/田村酒造場を購入。純米無濾過生原酒の十右衛門はロックや日本酒モヒートにしてデイリーな晩酌に。こっくりとした甘みのある嘉泉 特別純米 東京和醸-TOKYO WAJOは特別な日の1杯に最適です。

主催である東京都酒造組合会長さまにお話をお伺いすることができました!

–「武蔵の国の酒祭り2015」にどのような思いで臨まれましたか?

「醸造の守護神が祭られているこの地で全国のお酒を集めてのきき酒会を開催できることは特別の意義があります。お客様にはきき酒をお楽しみいただくとともに、日本酒文化に触れていただき背景にある歴史にも目を向けていただきたいと考え企画しました。」

– 来年の「武蔵の国の酒祭り」についての意気込みをお聞かせください。

「お客様からいただいたご意見等を踏まえ、大國魂神社・府中市のみなさまからのご協力をいただきながら、より満足度の高いお祭りにしていきたいと考えております。」

来年も、パワーアップしたお祭りが期待できそうですね!
みなさま、ぜひ、来年も由緒ある大国魂神社にて古の昔からの続く日本酒に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

【関連】日本酒好き女子集合!9月26日(土)@銀座にて開催!第2回郷酒フェスタへ行こう!
【関連】10月5日(月)は大宮ソニックシティに集合!第12回「埼玉35酒蔵大試飲会」が開催されます!

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。