2019年7月9日(現地時間)、フランスで開かれる唯一の⽇本酒コンクール「Kura Master」において、720銘柄もの出品酒の頂点に与えられる「プレジデント賞」と「Kura Master審査員賞」の発表と授賞式が、パリ市内で行われました。

「Kura Master」は、フランスを代表する五ツ星ホテルのトップソムリエ、ミシュランで星を獲得しているレストランの関係者、ホテル・料理学校関係者、ワインジャーナリストなど......現地のプロフェッショナルを中心に審査員が構成されている、フランス人によるフランス人のためのフランスの地で開催される日本酒コンクールです。

「Kura Master2018」の審査風景

出品酒は「純米酒部門」「純米大吟醸酒部門」「スパークリング Standard部門」「スパークリング Soft部門」の4カテゴリーに分類されています。

今回発表された「プレジデント賞」は、6月3日に発表された各部門のトップ5「プラチナ賞」のなかから、さらに厳しいふるいにかけて選ばれた、ナンバーワンの出品酒に贈られる栄誉ある賞です。また「Kura Master審査員賞」は、同じく「プラチナ賞」のなかから、各部門ごとに厳選された日本酒に贈られます。

栄えある「プレジデント賞」「Kura Master審査員賞」はどの銘柄に与えられるのでしょうか。

栄光を手にしたのは......

「勝山純米大吟醸 伝」

◎「プレジデント賞」受賞酒

「勝山 純米大吟醸 伝」仙台伊澤家勝山酒造株式会社/宮城県

◎「Kura Master 審査員賞」受賞酒

受賞蔵のみなさま、本当におめでとうございます!

「Kura Master 2019」プラチナ賞/金賞受賞酒一覧はこちら

(文/SAKETIMES編集部)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます