2018年7月4日の深夜2時(日本時間)、フランスで開かれる唯一の⽇本酒コンクール「Kura Master」において、650もの出品酒の頂点に与えられる「プレジデント賞」と「審査員特別賞」の発表と授賞式が、パリ⽇本⽂化会館(パリ市)で行なわれました。

「Kura Master」は、フランスを代表する五ツ星ホテルのトップソムリエ、ミシュランで星を獲得しているレストランの関係者、ホテル・料理学校関係者、ワインジャーナリストなど......現地のプロフェッショナルを中心に審査員が構成されている、フランス人によるフランス人のためのフランスの地で開催される日本酒コンクールです。

「Kura Master2018」の審査風景

出品酒は「純米大吟醸酒・純米吟醸部門」「純米酒部門」「にごり酒部門 *」の、3カテゴリーに分類されています。(* デザートに合わせる日本酒として、2018年から開設)

今回発表された「プレジデント賞」は、6月4日に発表された各部門のトップ5「プラチナ賞」のなかから、さらに厳しいふるいにかけて選ばれた、ナンバーワンの出品酒に贈られる栄誉ある賞です。また「審査員特別賞」は、同じく「プラチナ賞」のなかから、各部門ごとに厳選された日本酒に贈られます。

栄えある「プレジデント賞」「審査員特別賞」はどの銘柄に与えられるのでしょうか。

栄光を手にしたのは......

「Kura Master2018」プレジデント賞を受賞した「ちえびじん 純米酒」

プレジデント賞

審査員特別賞

上位入賞酒を楽しめるイベントが日本でも!

「Kura Master2018」の審査風景

7月27日(金)には、今回の受賞酒を含めたトップ12のお酒を楽しめる試飲会が、日本の酒情報館で開催されます。本試飲会のために、本コンクールの運営委員会代表である宮川圭一郎氏がパリから来日し、2年目となった今年の審査会について報告するとのこと。

第1部のチケットはすでに完売しているそうですが、第2部(19:40~20:30)の募集はまだ受付中。ぜひこの機会に、650点のエントリーから58人の審査員が選び抜いた至高の12点を、じっくりと試飲してみてはいかがでしょうか。

◎試飲会概要

  • 日時:2018年7月27日(金) ※完全入替制
    【第1部(完売)】18:30~19:20 (ドアオープン 18:20)
    【第2部】19:40~20:30 (ドアオープン 19:30)
  • 会場:日本の酒情報館
    〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル1F
  • アクセス:
    東京メトロ銀座線 虎ノ門駅9番出口 徒歩3分
    東京メトロ千代田線 霞ケ関駅C3出口 徒歩4分
    都営三田線 内幸町駅A4出口 徒歩3分
    JR線 新橋駅日比谷口 徒歩8分
  • 定員:各回25名 (成人限定)
  • 参加費:2000円 (税込)

(文/SAKETIMES編集部)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます