ひょんなことから日本にやって来た、ハネオツパイのハネオくん。地元・マレーシアでは、花の蜜からできたお酒を飲んで暮らしていました。

日本でも美味しいご飯(お酒?)がないかと探し回って見つけたのは、日本酒。でも、なんだか難しいことがたくさんで、失敗ばかり......。そんな日本酒の道を奔走するハネオくんの日常を覗いてみましょう。

ハネオツパイのハネオくんがゆく、SAKETIMESオリジナル日本酒マンガ「ハネぽん」の第1話

編集部のひとこと

読み方のわからない銘柄は、スタッフに聞いてしまうのが一番!専門店のスタッフなら、名前の由来なども教えてくれるので、より日本酒を楽しむことができますよ。

ちなみに「作(ざく)」の由来は、『機動戦士ガンダム』に出てくる人型ロボット兵器「ザク」から......ではなく、"酒蔵・酒屋、飲食店が一丸となって、みんなでお酒の価値を作る"という思いを込めて命名されたそうです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

次回の「ハネぽん」もお楽しみに!

◎ハネオツパイとは

ハネオツパイとは、ツパイ目に属し、羽のような尾っぽが特徴的な手のひらほどの小さな哺乳類。マレーシアの森林に住み、主食はヤシの花蜜で、この蜜には自然発酵によるアルコール度数が3.8%ほど含まれているのだそう。人間以外に飲酒行動を確認された初めての哺乳類なのだとか。

(漫画/erina)