SAKETIMESをご覧のみなさま、こんにちは。週刊KURAND編集部です。

いよいよ2月14日は「バレンタインデー」ですね。
KURAND SAKE MARKET では、バレンタイン特別企画「チョコ×ちょこキャンペーン」を各店で実施しています!

そこで今回は、日本酒とチョコの合わせ方や、コンビニで買えるチョコに合う日本酒を紹介していきます。

みなさんは、日本酒とチョコを一緒に食べたことはありますか?
「日本酒に甘いチョコを合わせるなんて想像できない!」という方も多いと思いますが、意外にもこの組み合わせはイケるものなんです!

チョコと日本酒が合う4つ理由

sake_weekly_kurand_006_1 (1)

一般的に、チョコと相性の良いお酒はブランデーやワインと言われますが、その理由として「樽の熟成感」「酸味」「とろみ」「濃厚さ」などが主な理由として考えられます。
実は、日本酒の中には同じような要素を持つものもあるんですよ!

1. 熟成古酒はウイスキーの香りや甘みと似ていて、チョコと合う

日本酒には熟成古酒というものが存在し、色もウイスキーのような琥珀色をしているものもあります。
チョコの濃い甘みとうまくマッチします。

2. 酸味のある日本酒とチョコは合う

日本酒の酸味は口の中にほのか広がる、ワインに近いタイプが多いです。
これはチョコの甘みのアクセントになります。

3. ウイスキーのようなとろみのある日本酒はチョコと合う

日本酒は全てが淡麗でスッキリしているわけではありません。
お米の甘みが口の中に広がり、呑んだあとも余韻が残る、とろみのある日本酒も数多くあります。
このとろみがチョコを包み込んでくれるのです。

4. 濃醇な甘み・旨味の日本酒はチョコの甘味・コクと良く合う

日本酒には濁り酒という種類があります。
白濁したドロっとしたお酒ですが、甘み・旨味が最大限に引き出されています。
お米の濃醇な甘みとチョコの濃厚な甘みが非常によく合います。

KURAND SAKE MARKET の日本酒とコンビニで買えるチョコを組み合わせてみた!

それでは、KURAND SAKE MARKET 各店で飲むことができる日本酒と、コンビニで買えるチョコで、相性のいい組み合わせをご紹介していきましょう!

「豊明 純米酒」(石井酒造) × アルフォートミニチョコレート

sake_weekly_kurand_006_2 (1)

「豊明 純米酒」の濃醇なお米の甘み・コクがアルフォートのビスケットの塩っけに非常にマッチ。
アルフォートのチョコはさっぱりとしているので、お酒を呑んだ後に口の中にチョコのほのかな甘みが残り、やみつきになります。

「寒梅 琥珀」(寒梅酒造) × ダース<ミルク>

sake_weekly_kurand_006_3 (1)

樽で熟成させた風味と穏やかな甘みがウイスキーを連想させる「寒梅 琥珀」。
ダースの深いコクと口の中に残る甘さは、「寒梅 琥珀」のまろやかな甘み・熟成された渋みに非常にマッチします。
一緒に食べると深〜い甘みが広がり、長く余韻が残ります。

「どろどろ濁原酒」(船坂酒造店) × スニッカーズ

sake_weekly_kurand_006_4 (1)

濃醇なお米の旨味が特徴の「どろどろ濁原酒」。
スニッカーズのキャラメルが、お酒の味わいと調和します。そこにナッツの塩っけがたまらなく絶妙に加わります!最後に残るのはやはりチョコの甘み。甘さはくどくなく、口の中でキャラメルを噛みしめる度に、お酒とチョコ、ナッツすべてが呼応します。

「六根 琥珀」(齊藤酒造店) × 明治ミルクチョコレート

sake_weekly_kurand_006_5 (1)

今回紹介した中でも、もっともミルクの甘みとくちどけがまろやかなチョコレート。そのまろやかな甘みが「六根 琥珀」の熟成感を漂わせる風味と同じ曲線を描きます。
4つの中で1番のマリアージュ。ずっと口の中で含ませておきたくなります。

いかがでしょうか?
日本酒というと「和食」をイメージしがちですが、実はワインやウイスキーとの共通点も多く、意外ににチョコと合うんです!
KURAND SAKE MARKET に来る際は、コンビニでチョコを買って来て、いろんな日本酒とチョコの組み合わせを楽しんでみてくださいね!
sake_weekly_kurand_006_6

「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」はコチラ