SAKETIMESをご覧のみなさん、こんにちは。週刊KURAND編集部です。

今、日本酒が女性の間でブームになっていることをご存知ですか?
日本酒好きな女性は「おちょこ女子」と呼ばれ、テレビでも話題となっているようです。「おちょこ女子」の実態に迫ってみましょう。

日本酒好きな女性、「おちょこ女子」が増えてます!

sake_weekly_kurand_011_1 (1)

最近は、女性にも飲みやすい日本酒が多くなりました。「おちょこ女子」と呼ばれる日本酒好きな女性たちが増え、日本酒イベントに参加したり、日本酒専門店で女子会が行われたりしています。

なぜ、今おちょこ女子が増えてるの?

なぜ今、日本酒が女性の心をつかむのでしょう?女性が日本酒にハマる理由3つをご紹介します。

まるで果実酒のようなフルーティさと、低アルコール

sake_weekly_kurand_011_2 (2)

近年、果実酒のような甘くてフルーティーな日本酒が注目を集めています。スパークリング日本酒や、低アルコールの日本酒を製造する酒蔵も年々増えており、以前より女性ウケしやすいタイプの日本酒が増えている現状があります。

日本酒の造り手、蔵元がイケメン

sake_weekly_kurand_011_3 (1)

女性が日本酒にハマるもうひとつの理由が、蔵元たちです。日本酒の造り手の高齢化が危惧される一方で、世代交代した若い蔵元も活躍しています。若くイケメンの蔵元が女性たちの心をつかんでいるのだとか。KURAND SAKE MARKETでもイケメン蔵元を集めた日本酒イベント「浅草SAKE女子会」を開催。大盛況となりました。

日本酒の造り方や歴史を学べる、酒蔵見学

sake_weekly_kurand_011_4 (1)酒蔵見学に行って日本酒にハマったというケースもあります。全国各地に酒蔵がある中で、見学を受け入れている酒蔵も数多くあります。酒蔵では、日本酒の造りや歴史を学べる上、酒蔵だけでしか飲めない限定酒を楽しむこともできます。酒造りの背景にあるストーリーに魅力を感じて日本酒にハマったという女性も多いようです。

おちょこ女子に対する反応

先日、テレビ朝日の「お願い!ランキング」番組内にておちょこ女子特集として、「浅草SAKE女子会」が放送されました。Twitter上でのおちょこ女子に対する反応をちょこっと紹介しましょう!

今話題の「おちょこ女子」についていかがでしたでしょうか。

KURAND SAKE MARKET では、女性に人気の日本酒もそろっており、女性向けの日本酒イベントも随時開催していく予定です。日本酒で女子会したいという方はぜひご参加ください!「おちょこ女子」を名乗れば、まわりの女子からも一目置かれる存在になるかも?

sake_weekly_kurand_010_05


KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」はコチラ