日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

10の蔵元が集合!芝生で日本酒!酒フェスinもりのみや体験レポート

> > > 10の蔵元が集合!芝生で日本酒!酒フェスinもりのみや体験レポート
このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。SAKETIMESライターの栗本です。
みなさんが、いつも日本酒を飲まれる「場所」はどこですか?
居酒屋や、自宅などの「屋内」で飲まれる方がほとんどではないでしょうか?

今回は、なんと「屋外」。しかも、ショッピングモール内の芝生の広場で、日本酒を飲むイベント「酒フェスinもりのみやキューズモール BASE」の体験レポートをします。

 

10の蔵元&30種類以上の銘柄が青空の下で飲み放題!

今回、出品されていた蔵元さんと、その銘柄のご紹介します。
自慢の日本酒を持って、10の蔵元が一同に会しました。

福井県:黒龍(こくりゅう)、九頭龍(くずりゅう)/黒龍酒造
sake_g_morinomiya1 (1)

高知県:土佐しらぎく/仙頭酒造場(せんとうしゅぞうじょう)
sake_g_morinomiya2 (1)

富山県:羽根屋/富美菊酒造(ふみぎくしゅぞう)
sake_g_morinomiya3 (1)

三重県:寒紅梅/寒紅梅酒造(かんこうばいしゅぞう)
sake_g_morinomiya4 (1)

兵庫県:播州一献(ばんしゅういっこん)/山陽盃酒造(さんようはいしゅぞう)
sake_g_morinomiya5 (1)

広島県:神雷(しんらい)/三輪酒造
sake_g_morinomiya6 (1)

和歌山県:紀土/平和酒造
sake_g_morinomiya7 (1)

奈良県:鬼虎(きとら)/北村酒造
sake_g_morinomiya8 (1)

奈良県:風の森/油長酒造(ゆちょうしゅぞう)
sake_g_morinomiya9 (1)

京都府:澤屋まつもと/松本酒造
sake_g_morinomiya10 (1)

[お詫び]
すべて、銘柄が見えるような写真に統一しようと思ったのですが、このイベントが楽しくて、はしゃぎ過ぎたため、写真がブレてしまいました。
申し訳ありませんが、ブレてしまったところは、お酒を愛する蔵元さんの写真を載せさせていただきました。
言い訳ですが……本当に、楽しかったんですもの!

人と日本酒が繋がる。それが「酒フェス」

ショッピングモール内、芝生の上という場所で行われた「酒フェス」。
肴は、持ち込みもできますし、屋台で購入してももちろん構いません。
みんなで食べられるように、大きなお弁当箱に大量の肴を入れて持ってこられている方も、たくさんいらっしゃいました。

イベント終了時には、下の写真のように、スタンディング(最初から立ち飲みですが)オベーションが起こりました。
それだけ、みなさんが日本酒を味わい、人や日本酒との出会いを楽しんだということです。

sake_g_morinomiya11 (1)
みなさんも、このようなイベントがあれば、参加してみるといいと思います。
もしイベントがなくても、芝生のある広場に出かけ、青空の下、おいしい日本酒を飲んで過ごすというのも、おもしろいですね。

今回は、「場所」によって、また違った日本酒の楽しみがあることをお伝えしました。

【関連】立ち飲みで気軽に奈良の名産品を堪能!春鹿酒蔵まつり2015体験レポート
【関連】いま、街バルが熱い!日本酒も飲める!「あるくん奈良 まちなかバル」体験レポート

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

栗本 和紀

奈良県在住。世界で唯一の職業「日本酒作家」として『世界一おもしろい日本酒ブログ』を執筆中。日本酒×言葉から創りだされるエンターテイメントは、すべての読者を魅了する。日本酒を飲みながら、ゲストと夢を語るTV番組でメインMCをするのが夢。

ウェブサイト