日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

旭日をワンコインでちょこっと飲み!滋賀県・藤居本家「第3回 初しぼり 杉玉フェスタ」

> > > 旭日をワンコインでちょこっと飲み!滋賀県・藤居本家「第3回 初しぼり 杉玉フェスタ」
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表銘柄「旭日(きょくじつ)」で知られる、1831年創業の老舗酒蔵・藤居本家(滋賀県愛知郡)にて「第3回 初しぼり 杉玉フェスタ」が11月26日(土)に開催されました。そのフェスタの様子をお伝えします。

新酒お披露目イベント!「初しぼり 杉玉フェスタ」

毎年11月に、新酒をお披露目するイベントとして「初しぼり 杉玉フェスタ」が開催されています。蔵見学やききあてコンテスト、ライブイベントなどが催されるほか、ワンコイン(500円)でお猪口を購入すると、しぼりたて新酒などのさまざまなお酒を試飲することができます。
JR東海道本線 稲枝(いなえ)駅から徒歩で約40分かかりますが、事前予約しておくとマイクロバスで送迎してもらえるので、ありがたいですね。

酒蔵に到着して、まず驚くのは重厚な建物!1950年代後半に建築されたもので、6代目であった先代の故・藤居静子さんが木材探しから設計までを行った、樹齢700年の丸柱をはじめとする総けやき造りの建物です。1階はショップと事務所、2階は板間の大広間で、ギャラリーやイベントスペースとして使われています。

ききあてコンテストに挑戦!ワンコインで試飲も

受付を済ませてお猪口を受け取り、「ききあてコンテスト」に挑戦。始めに1~5の番号札が置かれた酒を飲み、味や香りなどを覚えます。次にイ~ホの札が置かれた酒を飲み、5種類の酒を一致させるマッチング形式です。全問正解すると、新酒の四合瓶がもらえるとあって、みなさんの表情は真剣そのもの。

試飲コーナーでは、500円で「ちょこっと飲み」もできます。旭日のしぼりたて生原酒は「純米辛口」「うまくち」「にごり酒」の3種類。滋賀県出身で能登杜氏の西澤拓也さん自らが、お猪口に注いでくれます。にごり酒はシュワシュワと元気に発泡しています。

初しぼりの新酒以外にも、各種の酒を試飲できます。

近江牛ステーキや佃煮などの屋台コーナーもあり、お腹もいっぱいになります。また、人気だったのが、酒粕の詰め放題コーナー。袋からはみ出してもOKなので、山盛りにする方もいらっしゃいました!

NHKドラマのロケ地にもなった歴史ある蔵を見学

当イベントでは、2回の蔵見学も実施されました。NHKの連続ドラマ「甘辛しゃん」や、プレミアムドラマ「リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵」のロケ地にもなった東蔵へ向かいます。大正時代に建てられた蔵で、国指定の登録有形文化財です。

蔵の案内は7代目の蔵元・藤居鐵也さんが担当。滋賀県産にこだわる酒米の話、酒造りの方法から日本酒の文化的価値まで、楽しくも熱い想いを語ってくれました。

蔵の内部には、祭礼に使う用具も置かれていました。藤居本家では、新嘗祭に使う御神酒を醸し、宮中へ献上しているそうです。

このイベント中、蔵では仕込み水もいただくことができます。愛知川(えちがわ)の伏流水で、とってもまろやかです。

​藤居本家では、年末恒例の「新年迎酒イベント」が今年は12月30日(金)に開催されます。また、夏には「旭日縁日」なども行われています。歴史ある蔵とお酒を堪能しに、イベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

(文/天田知之)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

天田知之

大阪市在住、2013年灘の酒大学卒、日本酒指導師範(菊正宗酒造)。 2005年に飲んだ奈良県の酒に感動し、再び日本酒にどっぷり。 古寺や歴史的建造物、古民家を見るのが趣味であちこちに出かけては酒蔵を巡っています。 勝手に選んだ「近畿100酒蔵御酒飲巡り」を実施中。