日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

日本酒ファンなら見逃せない!よりどりみどりの埼玉県”春の日本酒イベント”を一挙紹介!

> > > 日本酒ファンなら見逃せない!よりどりみどりの埼玉県”春の日本酒イベント”を一挙紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

春の日本酒イベントといえば・・・蔵開きに蔵見学。この冬仕上がったお酒をいち早く楽しめる、日本酒ファンなら外せないイベントですよね。しかし、首都圏にお住まいの方は「蔵開き、行きたいけど遠いな・・・」なんて思っているのではないでしょうか?実は、東京のお隣埼玉県でもたくさんの蔵イベントが行われるんです!

pr_saitama_event01

埼玉には、創業100年以上の歴史ある酒蔵もたくさんあります。この春、地域に根付いた歴史と伝統を感じられる酒蔵を、アクセス抜群の埼玉で探索してみてはいかがでしょう?

埼玉県の酒蔵が春に蔵イベントを続々と開催!

盛りだくさんの埼玉県・春の日本酒イベントは2月後半〜4月下旬にかけて県内各所で行われます。その中から特にオススメしたい5つのイベントを、開催日順にご紹介します!

2/28(日) 松岡醸造「帝松 酒蔵まつり」

トップバッターは、埼玉県西部にある小川町の酒蔵・松岡醸造のイベントです。

01 【松岡醸造】写真

松岡醸造の代表銘柄は「帝松(みかどまつ)」。大吟醸酒が8年連続で新酒艦評会金賞を受賞するなど、高い醸造技術を持つ蔵なんです。そんな松岡醸造の「帝松 酒蔵まつり」では、酒蔵にたくさんの地域グルメが出店し、限定酒や大吟醸酒粕などの販売を行います。もちろん試飲は無料!小川町駅からシャトルバスが運行されるのも嬉しいですね。

<お問合せ>
松岡醸造(株)
埼玉県比企郡小川町下古寺7-2
0493-72-1234

3/6(日)「ちょこたび埼玉酒蔵めぐり in 日高市、毛呂山町、越生町」

続いて開催されるのは”3蔵同時”の蔵開きイベントです。

saitama_event03

麻原酒造(毛呂山町)、佐藤酒造店(越生町) 、長澤酒造(日高市)の3蔵が参加。シャトルバスで行き来しながら三者三様の蔵イベントをまるっと楽しめるんです!詳細はこちらの記事をご覧ください。

3/12(土) 釜屋「力士蔵祭り」

1748年創業、埼玉県加須市にある清酒「力士」の醸造元・釜屋。ここでは毎年恒例の蔵祭りを今年も開催します!

saitama_event04

力士蔵祭り」の見どころは子どもから大人まで楽しめる、とにかく盛りだくさんのコンテンツ!鏡開き、利酒大会、酒蔵見学、寄席、獅子舞&太鼓演奏、限定品販売など・・・蔵の魅力を1日中味わえるラインナップとなっております。

<詳細・お問合せ>
(株)釜屋
埼玉県加須市騎西1162
0480-73-1234

3/26(土)「ちょこたび埼玉酒蔵めぐり 和紙のふるさと小川町・地酒で乾杯の街」

続いては、3蔵同時蔵開きイベントの第二弾をご紹介!舞台は埼玉県西部・比企郡の小川町です。約6000人が来場し、大盛況だった昨年に引き続き2度目の開催となります。小川町はユネスコ無形文化遺産に認定された「細川紙」のふるさと。そんな和紙の町・小川町にある3蔵の個性が一気に楽しめる豪華なイベントです。

ここで、参加3蔵と各蔵のイチオシコンテンツをご紹介します!

晴雲酒造
04 【酒蔵めぐり】晴雲
無農薬米で醸造した天皇賞受賞酒「おがわの自然酒」を醸す蔵!もちろん蔵開きでは「おがわの自然酒」の利き酒もできますよ。
また、蔵には有機野菜中心の酒蔵レストランが併設されています。自然酒と自然食でからだにも優しいひと時を過ごせそうですね。

松岡醸造
03 【酒蔵めぐり】松岡醸造

全国新酒鑑評会で埼玉県内最多記録である8年連続金賞受賞経験のある蔵。
樽酒は、嬉しいお試し価格一杯100円で販売。小川町の極上の日本酒を手軽に体験できる機会です!さらに、新発売の搾りたて純米大吟醸も試飲販売予定となっています。

武蔵鶴酒造
04 【酒蔵めぐり】武蔵鶴

おすすめの日本酒は、地元蔵人が丹精込めて作った無農薬米の純米大吟醸。無料の利き酒として、その日しか飲めない搾りたて原酒もご用意しています!蔵名物・添加物を含まない手作り奈良漬と共に堪能したいですね!

思う存分にイベントを満喫したい方は、無料の専用シャトルバスがおすすめ!小川町の3蔵を結ぶシャトルバスで、日本酒トリップをお楽しみください!

■小川町へのアクセス

イベント会場最寄りの東武東上線「小川町駅」へは、「池袋駅」から快速で74分。都内からも気軽に足を運べる距離です!

02 3月26日小川町アクセス図

■この記事を見て3月26日に来場した方には特典も!

晴雲酒造に設けられる本部で、この記事画面(またはプリントアウトした紙)を提示し、アンケートに答えると、先着100名に記念品がプレゼントされます!これはもう、日本酒ファンなら行くしかありませんね!

<詳細・お問い合わせ>
埼玉県公式観光サイト「ちょこたび埼玉
小川町役場産業観光課 0493-72-1221
小川町商工会 0493-72-0280

ラストは4月17日(日)!丸山酒造「金大星蔵びらき」

「金大星正宗」と「織星」などのお酒を醸す、深谷市にある丸山酒造。酒蔵はNHKドラマ「ちゃんぽん食べたか」のロケ地で主人公(菅田将暉さん)の下宿先として使用されたほど趣のある建物です。
04 【丸山酒造】写真
そんな丸山酒造では、毎年4月中旬の日曜日に、“新酒 飲み食べまつり”を開催しています。お隣のリーフ(花屋・きれいな季節のお花即売)、華蔵寺(大日如来像・重文特別公開)、横瀬神社(本殿および拝殿・埼玉県指定文化財)との合同でのイベントです。

目玉はなんといっても、毎年大好評の”千円で呑み放題”!さらに、スリル満点・江戸時代末築造の酒蔵見学ツアーやアトラクションショーなども!誰もが楽しめるイベントとなっています。
イベント当日はJR岡部駅から無料送迎バスもあります。電車で気軽に参加できるのも嬉しいですね。

<詳細・お問合せ>
丸山酒造(株)
048-587-2144
埼玉県深谷市横瀬1323

首都圏からアクセス抜群の埼玉清酒に注目!

埼玉県は実力派な酒処で、清酒出荷量はなんと全国4位!
日本酒の蔵といえば、米処の新潟や秋田のイメージが強いですが、首都圏からすぐに行ける埼玉県で日本酒を”知る・味わう”といった日本酒体験を満喫できます。埼玉県の日本酒好きはもちろんのこと、全国の日本酒ファンにもオススメですよ!

<イベント詳細>
埼玉県公式観光サイト「ちょこたび埼玉

<お問い合わせ>
埼玉県観光課 TEL 048-830-3957
埼玉県物産観光協会 TEL 048-647-4033

【関連】この春見逃せない日帰り酒蔵探訪! 埼玉県の3蔵同時蔵開きイベント「ちょこたび埼玉酒蔵めぐり」が3/6(日)に開催!


sponsored by 埼玉県観光課

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES_PR

SAKETIMESのPR記事アカウントです! 日本酒や、それにまつわる酒蔵の想いや魅力を、余すところなく皆様にお届けします。伝え手として、一人でも多くの日本酒のファンが増えるよう、執筆していきます。