日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

西山酒造場直伝!6ステップで簡単にできる酒粕アイスクリームレシピ

> > > 西山酒造場直伝!6ステップで簡単にできる酒粕アイスクリームレシピ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!テイスティング永木三月です。

普段は、『永木三月のテイスティングログ』というブログを拠点に、お酒の試飲会などの食べ物が集うイベント、おいしいお店の紹介をしています。また、定期的に「おいしいもの味鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。テイスティングの楽しさ、面白みを伝えることが、私の目標です!

こちらでは、日本酒と絡めて、魅力的な味わいをたくさん発信していけたらと思っています。

前回の酒粕レシピ記事はこちらです。
日本が誇る万能調味料、酒粕で作るおつまみレシピ!

夏バテに効く!酒粕で作る甘酒レシピ!

豆腐の粕漬けレシピ 一ヶ月漬けた味わいとは!?

さて今回は、自宅で簡単に作れる酒粕アイスクリムを、酒造直のレシピと共に介します!

簡単6ステップ!酒造直伝酒粕アイスクリーム!

レシピは、兵庫県『西山酒造場』の公式サイトで紹介されているものをお借りしました。
→「超おいしい酒粕アイス

こちらの酒造では、「小鼓」という清酒の他、焼酎やリキュールも作られているそうです。

受賞歴も数多く、独特なパッケージは非常に目を引かれます。興味のある方は、ぜひ飲んでみてください。

sake_g_ice_cooking1 (1)(出典:小鼓 .com)

作り方

【材料】(およそ4人分)

・材料は以下の通りです。

・牛乳 400cc

・卵黄 4個

・生クリーム 200cc

・砂糖 100g

・酒粕大さじ5

・バニラエッセンス少々

分量はこのレシピの1/4で作りました。酒粕は、齋彌酒造場の「雪の茅舎」のものを使用しています。

【作り方】

1.酒粕を裏ごししておきます。

2.鍋に牛乳と裏ごしした酒粕、1/3量の砂糖を入れて、沸騰直前まで暖めます。

3.卵黄をボウルに入れて、残った砂糖と一緒に泡立て器で白くなるまで混ぜ、2で暖めておいた牛乳を少しずつ入れて、さらに混ぜ合わせます。

sake_g_ice_cooking2 (1)

 

sake_g_ice_cooking3 (1)

4.3の液を鍋に入れ、中火で沸騰しないよう温めます。

焦げ付かないようにへらでかき混ぜながら温めましょう。とろみがついたら裏ごしして滑らかにし、容器ごと氷水に当てて冷やします。ここでバニラエッセンスを数滴入れておきましょう。

sake_g_ice_cooking4 (1)

5.生クリームを軽くとろみがつくまで泡立て器で混ぜます。

これに、冷えた4の液を合わせ、均一になるまで混ぜ会わせて冷凍庫に入れます。

sake_g_ice_cooking5 (1)

 

sake_g_ice_cooking6 (1)

6.ソフトクリームくらいの固さになってきたら、泡立て器で空気を含ませるように混ぜます。

冷凍庫に入れ、冷えて少し固まった所で取り出して混ぜる、これを4、5回繰り返し、たっぷり空気を含ませてから、冷凍庫に保存しておきましょう。

盛りつけて完成です!

酒粕の風味は比較的控えめですが、香りもありまとまりのある味わいです。

辛口の清酒をシロップとして使うと、味わいが格段に豊かになります。サイトのレシピには載っていませんがお勧めです。

sake_g_ice_cooking7 (1)

いかがでしたでしょうか。

前回紹介した酒粕ジェラートが、既に販売を終了しているということもあり、自宅で作れるアイスクリームのレシピを紹介してみました。

裏ごしなどの手間はかかりますが、酒粕の風味を活かした良いレシピだと思います。砂糖の分量等もちょうど良いです。酒粕アイスの基本レシピとして、ぜひ使ってみてください。

これをベースにして、さらにアレンジを加えてみてもおもしろいでしょう。お酒好きの人をもてなすのにも、ピッタリのレシピです。

この記事は、テイスティング家の永木三月がお届けしました!

みなさんのさらに豊かな日本酒ライフに貢献できれば幸いです!

【関連】日本が誇る万能調味料、酒粕で作るおつまみレシピ!
【関連】夏バテに効く!酒粕で作る甘酒レシピ!
【関連】豆腐の粕漬けレシピ 一ヶ月漬けた味わいとは!?

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

永木 三月

テイスティング専門家として活動中。ライターとしての活動の他、「おいしいもの味覚鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。 日本酒はもちろん、日常を支える家庭料理の楽しみから高級レストランの味わい深さまで、あらゆる食の楽しみを伝えるべく日々活動しています。

ウェブサイト