日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

夏をひんやり味わう! 日本酒とコラボした氷菓をご紹介!

> > > 夏をひんやり味わう! 日本酒とコラボした氷菓をご紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!SAKETIMESライターで、テイスティング専門家永木三月です。

普段は、『永木三月のテイスティングログ』というブログを拠点に、お酒の試飲会などの食べ物が集うイベント、おいしいお店の紹介をしています。また、定期的に「おいしいもの味覚鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。テイスティングの楽しさ、面白みを伝えることが、私の目標です!

こちらでは、日本酒と絡めて、魅力的な味わいをたくさん発信していけたらと思っています。

さて今回のテーマは、イタリアのジェラート専門店が、老舗酒造『竹鶴酒造』とコラボして作った、酒粕ジェラートです。

はじめに 〜 日本酒×ジェラートのコラボとは?

日本酒とジェラートという珍しい取り合わせは、広島の老舗酒造と、イタリア発の人気ジェラート店のコラボで実現しました。

まずは酒造の方から紹介しましょう。広島県竹原市の『竹鶴酒造』です。NHKの連続テレビ小説「マッサン」との深い関連で注目を浴びたのが記憶に新しいでしょうか。元々は製塩業が専門だったそうですが、日本酒造りも江戸時代創業と歴史ある酒造です。

次にジェラート専門店『ジェラテリア・マルゲラ』です。本場イタリアで1979年創業のジェラート店で、麻布十番店が初の海外店舗だそうです。

竹鶴酒造とのコラボレーションは日本上陸2周年に当たって企画されたもので、竹鶴の酒粕を使用したジェラートもこちらの店舗で提供されました(※2015年8月16日までの限定販売)。

『ジェラテリア・マルゲラ』の「竹鶴」

sake_g_ice_takezuru_1 (1)

「竹鶴」のジェラートは、恵比寿アトレの支店で購入しました。

色合いはきれいな乳白色です。味わいは、ねっちりとしたジェラートの食感と酒粕の風味が合わさって、お餅のような甘みがあります。今回は1カップ1種類のみのピッコロサイズで頂きました。

sake_g_ice_takezuru_2 (1)

食べ進めるに連れてお酒の辛さが目立ってくるので、何かと組み合わせた方が活きるフレーバーかもしれません。日本酒と一緒に楽しむなら、味わいが濃厚な熟成酒などとよく合うでしょう。

お酒自体は凍りにくいため、アルコール感をこれだけ感じられる氷菓というのはあまりなく、非常に新鮮な味わいでした。

終わりに

以前の氷結酒に続き「夏ならではのおいしい日本酒」、いかがでしたでしょうか?

酒粕のアイスクリーム自体は専門の器具等がなくても自宅で作れるそうなので、そちらもいつか挑戦したいと思います。

この記事は、テイスティング専門家の永木三月がお届けしました!

みなさんの、さらに豊かな日本酒ライフに貢献できれば幸いです!

 

【関連】夏バテに効く!酒粕で作る甘酒レシピ!
【関連】夏を乗り切る凍結酒をご紹介!

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

永木 三月

テイスティング専門家として活動中。ライターとしての活動の他、「おいしいもの味覚鑑賞会」という食べ比べの会を開催しています。 日本酒はもちろん、日常を支える家庭料理の楽しみから高級レストランの味わい深さまで、あらゆる食の楽しみを伝えるべく日々活動しています。

ウェブサイト