日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

口福な酒と肴〜酒が喜ぶ幸せレシピ その23「菊鷹 山廃純米吟醸」と 酒粕と海苔の天ぷら

> > > 口福な酒と肴〜酒が喜ぶ幸せレシピ その23「菊鷹 山廃純米吟醸」と 酒粕と海苔の天ぷら
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県・藤市酒造のお酒「菊鷹」をご紹介します。24BYから新しく山本杜氏を迎えて造られました。同蔵で以前使用していた銘柄を復活させたこのお酒、どんな味わいでしょうか。

本日のお酒は「菊鷹 山廃純米吟醸 雲外蒼天」

山田錦100%、熊本酵母で仕込まれたお酒です。

まずは冷酒で呑んでみましょう。
甘く丸みのある上品でフルーティーな香り、口に含むとわずかにガスを感じます。ボリュームのある甘みの中に若い苦味、アルコール感と適度な酸によりキレが良いお酒です。

次は、冷や(常温)で。苦味は多少落ち着き、酸が出てきました。ガス感も残りつつ、旨みが多く、柔らかい口当たりです。

おすすめは、ぬる燗です。香りは穏やかになり、口に含むと甘酸っぱさが全面に。丸みのある甘みとふくよかな旨みの余韻を楽しめます。

味の深いお酒には酒粕を合わせ、味わいの相乗効果を狙いましょう。

酒粕の海苔サンド天ぷら

<材料>

  • 酒粕 100グラム
  • わさび 適量
  • 塩 適量
  • 小麦粉 50グラム
  • 水 1/2カップ
  • 溶きたまご 大さじ1
  • 揚げ油 適量

<作り方>

  • 1. 酒粕は同じ厚さになるよう、押し広げる。
  • 2. 酒粕にわさびを薄く塗り、海苔で酒粕をはさむ。
  • 3. 小麦粉・溶きたまご・水を合わせて天ぷらの衣を作り、しっかりからめて揚げる。
  • 4. 油を切り、食べやすい大きさにカット。塩を添える。

菊鷹の酒粕を使用するとさらに相性抜群ですが、難しい場合は手に入りやすいもので構いません。酒粕天ぷらのコクと海苔の風味が、ぬる燗にした菊鷹のボリューム感とよく合います。菊鷹は、開封してからも旨みが乗ってくるお酒です。何日もかけて、ゆっくり味わってみてくださいね。

(文/まゆみ)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

まゆみ

酒匠、料理研究家。1日も欠かすことなく酒を呑み続ける、驚胃の持ち主。郷土料理を大事にし、添加物の無い食卓を心がけている。ブログ「スバラ式生活」は人気。著書に、うち飲みレシピ、スバラ式弁当がある。

ウェブサイト