「マッサン」のルーツは個性派食中酒蔵

sake_g_taketsuru (1)

竹鶴酒造といえば日本酒ファンにはおなじみの蔵ですが、NHK朝の連続ドラマ「マッサン」の大ヒットで脚光を浴びた、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏の生家としても注目されたのは記憶に新しいところ

享保18年(1733年)に酒造業を始めた老舗蔵。自然の恵みを生かす酒造りをモットーとしています。早くから純米酒造りに力を入れており、平成9年に純米原酒シリーズの「小笹屋竹鶴」、平成14年には「清酒竹鶴」シリーズも発売し、純米蔵として揺るぎない地位を築きました竹鶴の特徴は非常に腰が強く、小気味の良い酸が利いた個性的な味わい

今回ご紹介す「生酛純米」は蔵の個性が凝縮された「ザ・竹鶴」と言えます

生酛作りとは?

石川達也杜氏を中心に生酛作りに取り組み始めたのが平成16年度から。

一般的なお酒「速醸酛(そくじょうもと)」といい酒母の育成と雑菌の混入防止のため、乳酸を人工的に添加しますが、自然界に存在する乳酸を取り込んで生酸(せいさん)を行わせるのが生酛仕込みと言われます。

生酛は酵母が強いので長期発酵にも耐え、濃醇かつ切れのある味わいになると言われています。酒母を作るのに「山卸し」という大変手間と労力のいる作業があり、蔵人たちの情熱と汗の結晶が生酛のお酒なのです。加えて竹鶴は酵母無添加という「自然のままに醸す」こだわりを見せています。

燗で生きる個性、晩酌のお供に

sake_g_taketsuru_0 (1)

「清酒竹鶴 生酛純米」は数年寝かされて出荷されます。県産の雄町米を精米歩合7割の低精白で米のうまみを出しドッシリとした酸と腰の強さは竹鶴本来のものです。

常温から熱燗でさらにさばけがよく柔らかい味わいになり、眠っていた旨みが引き出されます竹鶴生酛には純米原酒の「小笹屋」シリーズもありますが、こちらの方が度数低く、普段呑みに丁度良いでしょう。

税込4000円以上のお酒ですが、どんな酒肴合わせやすいので、ちょっと贅沢な晩酌におすすめです。

 

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES