「わかりやすい!すぐに話せる!用語解説」シリーズ。今回は日本酒の「生貯蔵酒」についてご説明したいと思います。

1. 生貯蔵酒とは?

日本酒の「生貯蔵酒」とは、火入れという加熱処理を1度しか行わないお酒です。

日本酒は通常、出荷前に2度の火入れを行っています。

1度目は、日本酒をしぼってタンクに貯蔵する前で、
2度目は、瓶に詰めて出荷する前です。

生貯蔵酒は1度目の火入れを行わずに、2度めだけを行った場合のものを指します。
1度目の火入れのみを行った場合は「生詰め酒(なまづめしゅ)」などと呼ばれます。また、2度の火入れを行わなければ生酒と呼ばれます。

 

sake_namachosonyu

出典:amazon

2. 生貯蔵酒の特徴

生貯蔵酒は、生で貯蔵している時間が生詰め酒に比べて長いです。そのため生貯蔵酒特有の風味が生まれます。

保存に関しては、生酒ほど徹底する必要はありません。しかし、1度しか火入れをしていないので、火入れのお酒よりは品質が変化しやすいです。ですので、冷蔵保存することをおすすめします!

 

関連記事