日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

出品数世界最多の日本酒品評会「SAKE COMPETITION 2017」の審査が行われました

> > > 出品数世界最多の日本酒品評会「SAKE COMPETITION 2017」の審査が行われました
このエントリーをはてなブックマークに追加

市販されている日本酒を対象にした世界最大のコンペティション「SAKE COMPETITION 2017」の予選審査が5月17日に、決勝審査が19日に行われました。

今回出品をした酒蔵は453蔵で、前年比で44蔵増。また、出品点数は1730点で、前年と比べて268点増えています。

出品点数は、第1回が行われた2012年の778点に比べて2倍以上となっており、名実ともに「世界一美味しい市販日本酒が決まる、出品数世界最多のコンペティション」として認知されています。

今年は昨年と同じ「純米酒部門(出品数:448点)」「純米吟醸酒部門(518点)」「純米大吟醸酒部門(414点)」「吟醸酒部門(196点)」「Super premium部門(62点)」の5部門に加え、実行委員を務める中田英寿氏の発案で、ラベルデザインのみを評価する「ラベルデザイン部門(286点)」と発泡性の日本酒を対象にした「発泡清酒部門(71点)」の2部門が新設され、全7部門で審査が行われました。

都内で5月17日に行われた予審には31人の審査員が参加。丸一日をかけて、膨大な数の出品酒を審査しました。19日の決審には37人が参加し、最終順位が決定。

発泡清酒部門は、きき酒用の蛇の目猪口ではなく、ワイン用のテイスティンググラスを使用します。こちらは13人の審査員が参加。また、ラベルデザイン部門は3人のデザイナーによって決定されました。

無数の出品酒と猪口が並ぶなか、審査員によるバブリング(鼻に抜ける香りを感じやすくするための行為。酒を口に含んだ後、息を吸い込みながら酒と空気を混ぜ合わせる)の音だけが響いていました。

結果発表と表彰式は6月5日(月)。いまから、楽しみでなりません。

(取材・文/空太郎)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

空太郎

日本酒指導師範(菊正宗認定)&酒伝道師です。1年365日、日本酒を飲んでいます。10人未満で丁寧にお酒を醸す銘酒小蔵がたくさん存在することが、日本酒の多様性と魅力を維持するのには欠かせないと思っています。そんな酒蔵の活動や、それを応援する酒販店や居酒屋の動きをお伝えしていきます。