こんにちは。SAKETIMESライターの梅山紗季です。

私は普段、大学で日本文学を学んでいるのですが、文学の中には古くから、四季の様子と、味わったお酒とを鮮やかに描写した作品があります。特に江戸時代の俳句をはじめとする文学は、短い5・7・5の中に、お酒と四季、そして日本の魅力が詰まっています。
そこで今回は、杯と一句でタイムスリップと称しまして、江戸時代の俳諧作品に焦点を当て、その時代のお酒の様子をご紹介して参りたいと思います!

sake_g_haiku1 (1)

月日は百代の過客にして ー松尾芭蕉の感じた四季とお酒

江戸時代の俳諧文学者として有名な1人に、松尾芭蕉(1644~1694年)が挙げられます。作「奥の細道」の冒頭のとおり、松尾芭蕉は生涯多くの時間をかけ、日本各地を訪れます。「五月雨を集めて早し最上川」「夏草や兵どもが夢の跡」など、情景の美しさを感じさせる有名な句が多い松尾芭蕉。彼の詠んだお酒に関する句をいくつかご紹介します。

「花にうき世わが酒白く飯黒し」

この句からは、松尾芭蕉の生活のありかたをうかがい知ることができます。「飯黒し」というのが、白米ではなく玄米飯を食べている、ということなので、「酒白く」というのは、清酒ではなく濁り酒の色を表しているとわかります。旅の道中、花に浮かれ贅沢をする人々にも出会う中で、あくまで質素に一杯のお酒を楽しむ芭蕉の姿が想像できます。

「草の戸に日暮れてくれし菊の酒」

こちらは、待ちわびていた菊酒が、やっと届けられた喜びを詠んだ句です。菊酒は、重陽の節句(9月9日)に寿命を延ばす意味で菊の花や葉茎を混ぜて醸した日本酒のことで、中国から伝わった習慣だったと言います。待ちわびていた一杯のお酒に浮かぶ菊の鮮やかな黄色と、秋の涼やかな空気に包まれた日暮れの様子とが伝わってきます。

2つの俳句に登場する「酒」は、濁り酒と菊酒という、日常と特別な日、それぞれの一杯を描いています。日々のお酒一杯が慎ましいからこそ、特別な日の一杯は喜ばしく、さらにおいしく感じる。芭蕉のお酒に対する姿勢は、現代の私達も取り入れたいものがあります。

江戸時代の「日常」を感じる ー与謝蕪村

次にご紹介するのは与謝蕪村(1716~1783年)。俳人としてだけではなく、画家としての才能もあった与謝蕪村の詠む句に登場するお酒は、情景がそのまま画として浮かんできそうなところが特徴的です。

「いざ一杯まだきににゆる玉子酒」

現代でも飲まれている玉子酒。滋養強壮の効果があるとされ、江戸時代から冬場に多く飲まれていました。ぐらぐらと煮えた玉子酒のとろりとした様子、そして寒い日に味わう滋味のお酒の熱さが伝わります。

「酒を煮る家の女房ちょとほれた」

こちらは、夏場に手作りのお酒が腐らないよう煮沸をする他の家の女房の姿を詠んだもの。家族がおいしく一杯を味わえるよう心を尽くす愛情の深さを感じ、「いいなあ」と思ってしまった与謝蕪村の心情は頷けます。女性の煮るお酒のいい匂いまでもが伝わってきそうな句です。

与謝蕪村の句からは、お酒がある日常の幸せが感じられます。特別高級なお酒ではなく、生活の中に息吹く「一杯」のおいしさが、優しく描かれていて、現代の私達が読んでも心があたたかくなります。

sake_g_haiku2 (1)

小林一茶 ー 「一杯」に漂う哀愁

最後にご紹介するのは小林一茶 (1763~1827)です。旅をする先で句を詠むのは先の俳人達と同じですが、小林一茶の句には、庶民的な近しさが感じられます。

「名月や石の上なる茶わん酒」

風情のある美しい月を眺めながら飲む酒は、綺麗な御猪口ではなく、茶わんに入ったもので、腰かけるのは石の上。上品な雰囲気の代わりに、口をつけるたびにぐっと広がるお酒の香りが想像できます。現代の立ち飲み屋の一杯のおいしさに通じるものがある一句です。

「酒臭き黄昏ごろや菊の花」

こちらは先ほどの芭蕉の句と比べ、ますます小林一茶の姿勢が浮き彫りになった句です。先ほどは「日暮れてくれし菊の酒」と、日暮れにお酒が手元に届いたと芭蕉は読みましたが、同じ夕暮れのころ、黄昏時に小林一茶はすでに「酒臭き」様子になっているのです。

小林一茶の句からは、「飲まなきゃやってられないよ」「一杯ひっかけるのが、うまいんだよね」といったような、哀愁と身近さが感じられます。優雅さより、貧しさや無骨さが漂う句の中での一杯は、どこか心の支えになっている印象を受けます。

sake_g_haiku3 (1)

5.7.5に詰まった時代の一杯を味わう

以上、松尾芭蕉・与謝蕪村・小林一茶と、江戸時代の俳諧文学者の作品を紹介して参りました。このほかにも俳句に登場するお酒は、一句ごとに一杯の味わいが異なり、時代を感じられるものから現代に通じる考えを含むものまでさまざまです。共感したり、気に入った「一杯」の句を、見つけていただければ幸いです。今後も、みなさまのお酒を味わうときがおいしく、たのしいものになるような記事を提供していけるよう、日々頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

【参考文献一覧】

◎「芭蕉俳句集」  1970年 岩波文庫

◎「蕪村俳句集 」    1989年 岩波文庫

「一茶発句全集」

◎「ほろよいブックス 酒読み 」 2012年社会評論社

◎「新詳説国語便覧 」 ※各俳人の出生と時代考察

 

【関連】 高倉健の映画に見られる日本酒特集【前篇】
【関連】 高倉健の映画に見られる日本酒特集【後篇】

 

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES