日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

日本酒の「辛口」に関する考察 その1

> > > 日本酒の「辛口」に関する考察 その1
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒好きが高じて、大阪天満で『純米酒専門店 酒肴屋かわむら』の店主でSAKETIMESライターの川村と申します。
私の持論や店での提供をなるべく専門用語を使わず、分かりやすいように書かせていただいてます。

今回と次回の2回に分けて、私の持論を伝えさせていただきます。

日本酒に辛口は存在しない?

飲みに行くと『辛口のお酒を頂戴』って注文したことはありませんか?

もしくはお店の方から『このお酒は辛口でおいしいですよ』とかオススメされたことはありませんか?
では、あなたが思う辛口の定義を説明して下さい。

例えば・・・

こんなお酒が辛口だ!

こんな味が辛口だ!
私の定義は『日本酒に辛口は存在しない』です。

ちょっと乱暴な言い方ですね。
私は仕事柄一般の方よりも多くの日本酒を飲んでいます。

また、日本酒ファン、マニアの方よりたぶん多く飲んでいます。

だってそれが仕事だから。プロだから。
その日本酒を生業にしていますが、今まで辛味を感じる日本酒に出逢ったことがありません。

ですので、辛口は存在しないと結論が出ています。

(もちろん世の中の全ての日本酒を飲んだ訳ではないので、どこかに辛味を感じる日本酒があるかも知れません)
そこで、日本酒の辛口って何?を知っていただきます。
辛口って辛いのか???

塩辛い?

唐辛子の辛さ?

生姜の辛さ?

胡椒の辛さ?

山葵の辛さ?

山椒の辛さ?

そんな味しないでしょ。

sake_g_nothing_dry2
だって、米と水で造ってるんで辛味成分入ってないんで。お米は甘いでしょ。

だから日本酒は例外なく甘い。

甘いんだよ~
えー!!!

お酒の瓶に「辛口」って書いてあるよ~

日本酒度が+10ってなってるよ~
これは私の店でもたまに言われます。

「書いてるじゃん」って。

鬼の首を獲った様に言ってくる。
じゃあ・・・

その「辛口」って書いてる日本酒や+10の日本酒が辛い?

塩辛い?唐辛子辛い?生姜の辛さ?胡椒の辛さ?山葵の辛さ?山椒の辛さ?

辛味を感じる???感じないでしょ。

じゃあ 辛口ってないでしょ。でもこれは純米酒(純米吟醸、純米大吟醸)に限られます。

醸造アルコールを添加しているお酒やパック酒は若干違います。私の持論は日本酒は純米酒に限る。

アル添しているお酒はうまい、まずいではなくカテゴリーが違うのです。だって純米酒と造り方違うやん。

(私の持論のお酒のカテゴリーは様子を見て執筆させて頂きます。今回は辛口のお話なので)

辛さの正体

子供の頃、ソーダ(炭酸飲料)を飲んでシュワシュワ感が辛いと感じたことはないですか?

また、ミントガムを食べた時にスースーする感じが辛いと感じたことはないですか?
でも、ソーダもガムも砂糖が入ってます。

そのシュワシュワ感スースーする感じは実は『刺激』なのです。
醸造アルコールや他の添加物が入っているお酒は、その刺激を感じることがあります。
純米酒でも原酒の様にアルコール度数が高くなると、アルコールの刺激を感じることがあります。

辛味ではなく刺激なのです。

sake_g_nothing_dry1

 

何となく分かっていただけましたか?

次回はもうちょっと具体的にお話させていただきます。

日本酒度の+は辛味の数値じゃないなど。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの日本酒ライフのひとつに加えていただければ幸いです。

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

関連記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

川村 道宏

純米酒専門店 酒肴屋(さかなや)かわむら店主『タバコを吸う人がいない安心を、あなたへ約束します』をコンセプトに 「非喫煙者限定」「会員制」「予約営業」「1日1組」で純米酒と懐石料理を提供する。日本酒の新しい楽しみ方の提案を執筆中。