ブルゴーニュ、ロゼ、ボルドー、シャンパン・・・ワインにはさまざまな種類があります。ワインは、それぞれの香味にあったグラスで飲むことで、より楽しめることが知られています。

実は日本酒の世界にも多種多様な酒器があり、味わいや特徴に合わせることで、日本酒をさらに楽しむことができるでしょう。今回は、日本酒の魅力をさらに引き出してくれるグラスをご紹介します。

ワイングラス

sake_wine_glass

大吟醸系に代表される華やかな香りや繊細な味わいをもつ日本酒には、香りがより際立つ、縁が薄いワイングラスなどの酒器が良いでしょう。味わいだけでなく、ラグジュアリー感を演出できるのもポイントですね。

酒器の口がラッパのように開いているグラス

sake_trumpet_glass

こちらも日本酒の香りがよく感じられるグラス。華やかな香りの日本酒を飲むのに適しています。

背の高いストレートグラス

sake_straight_glass

飲む際にグラスを大きく傾けるため、お酒が喉まで一直線に通り、"喉越し"を感じやすいタイプです。

たとえば、スッキリとした本醸造酒系や普通酒系との相性が良いでしょう。

飲み口が広く、舌にフィットするグラス

sake_wide_mouth_glass

お酒が口の中にたくさん流れこんでくるので、米の旨みや甘みを舌全体で味わうことができます。

純米酒などのしっかりした味わいをもつ日本酒を飲むときにどうぞ。

ショットグラス

sake_shot_glass

香味だけでなく、お酒の色も酒器を選ぶときの基準になります。

こちらのショットグラスは、古酒などの色合いに特徴のある日本酒を注ぐと、雰囲気が出ますね。

ロックグラス

sake_rock_glass

原酒のような味わいの強いお酒は、ロックで飲むのもいいですね。

お酒の香味はもちろん、飲み方や色合いにも着目しながら酒器を選ぶと、日本酒の魅力もグッと高まりますよ。

(文/SAKETIMES編集部)