社会人になればどうしても断りずらい飲み会の経験があるはず・・・。
ちょっと一杯と言いつつ、気づけばお酒がすすむ。呑兵衛さんなら尚更ですよね。
今回は、飲み会を快適に乗り切るためのライフハックをご紹介します!

和らぎ水をお供にして飲みすぎ防止

「明日は大事なプレゼン・・・。今夜は酔いたくないなぁ」
酔いが気になる”あなたは、和らぎ水をお酒と一緒に飲むことが大切です。

日本酒のチェイサー「和らぎ水」のススメ

sake_g_atukan_2_0

和らぎ水を飲むことによって、急激に酔いがまわることを防げます。どれくらい酔っているのか把握しながら飲むことができるので、飲み過ぎずにお酒を味わうことができます。また、氷水では身体が冷えてしまうため、常温〜白湯にするなど、温度に気をつけることもポイント!

リンゴを食べて二日酔い対策

それでもついつい飲みすぎてしまうのが飲み会。
二日酔いになりそうなぐらい飲んでしまった”あなたはリンゴがオススメ。

二日酔いになってしまったときの対処法

food_apple
りんごに含まれる良質な果糖が、肝機能を回復させます。これによりアルコールの分解を手助けする効果があるそうです。そして、これはリンゴジュースでも効果が発揮されるとのこと。「今日は飲みすぎたな〜」という飲み会の帰り道には、リンゴジュースを買って飲みましょう!

おつまみはトマトを選んでむくみ予防

お酒を飲んだ翌日に気になるのは、顔のむくみ。特に女性は気になる方が多いのではないでしょうか。
翌朝の化粧ノリが気になる”あなたはトマトのおつまみをチョイスしましょう。

翌朝むくみたくない人向けのおつまみ

food_tomato

 

トマトにはクエン酸が多く含まれています。このクエン酸が新陳代謝を活発にして身体の中の水分の流れをスムーズにしてくれます。トマトなら、ヘルシーで気軽につまめるおつまみになりそうですね。他に、きのこ、海藻なども効果があるそうです。これらを含むおつまみを積極的に食べましょう!

 

お酒の席で少し意識するだけでも、全然違いますよ。
飲み会前にチェックして、快適に飲み会を乗り切りましょう!

 

【関連】つらい二日酔いを防ぐ!?おすすめサプリ6選
【関連】太る?太らない?日本酒のカロリーの実態

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES