日本酒好きのみなさん、日本酒を飲むときに水もいっしょに飲んでいますか?

なかには、せっかく気持ち良く酔ってきたのに、水なんて飲んで酔いをさましたくない!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、きちんと水を飲むことでおいしい日本酒をさらにおいしく、かつ身体に負担をかけないで日本酒を楽しむことができるのです。SAKETIMESが取材に訪れた日本酒を扱う飲食店の方々も口をそろえて日本酒といっしょに飲む水の重要性を力説しています。

今回は日本酒を飲むときにいっしょに飲んでほしい「和らぎ水(やわらぎみず)」についてご紹介します!

日本酒のチェイサー、和らぎ水(やわらぎみず)

sake_nanahonyari1 (1)

ウィスキーや焼酎などのように、度数の高いお酒を飲むとき「チェイサー」に水も飲みますよね?

高いアルコールは胃腸への刺激が強く、血中アルコール濃度が早く上昇するので酔いがまわりやすく、肝臓への負担も高まります。そのため、お酒の合間に水を飲むことで、アルコールを薄めてゆっくり楽しむことができるのです。

実はこのチェイサー、日本酒でも飲まれます。日本酒のときに飲むチェイサーのことを「和らぎ水(やわらぎみず)」といいます。

和らぎ水で飲み過ぎ防止

和らぎ水を飲むことで飲み過ぎを防止することができます。日本酒もウィスキー、焼酎ほどではないにせよアルコール度数の高い飲み物です。アルコール分解や排泄によって失われた水分を補給することが重要です。

アルコールを摂取した身体はカラカラの状態。実は、アルコールを摂取しても十分な水分を摂取したことにはなりませんアルコールには揮発性があるため、水分が身体に残りづらいのです。

和らぎ水を飲むことによって、軽い脱水状態にある身体に水分を補給することができます。水分を補給することで、アルコールの吸収を緩やかにし、どれくらい酔っているのか把握しながら飲むことができるので、飲み過ぎ防止につながります。

また、水でひと呼吸おくことができることも良いですね。

身体に負担をかけずお酒を楽しむためには、和らぎ水はとても重要です。

和らぎ水でリフレッシュ

sake_g_atukan_2_0

お酒の合間に和らぎ水を飲むことで口の中をリフレッシュすることが出来ます。水を飲む度に舌がリフレッシュされ、感覚を鈍らせず次の一杯やお料理の味がよりおいしく味わえるのです。

飲み過ぎ防止の為ではなくても、お酒や料理をおいしく食べるコツとしても和らぎ水は重要な役割です。

また、氷水や冷たい水では、逆に身体に負担をかける場合もあるので、飲む場合は常温や白湯にするなど、和らぎ水の温度にも気をつけたいですね。飲食店でも、常温で和らぎ水を提供してくれるお店も増えてきています。

また、お店によっては、日本酒を造る際の仕込み水を和らぎ水として提供してくれるお店もあります。こちらの仕込み水は、日本酒を醸造する際に必要なミネラルをたっぷり含んでいるので、アルコール摂取時に失われがちな栄養素を補ってくれます。そのため、仕込み水は和らぎ水として最適とされています。

もちろん、ミネラルウォーターを飲んでいただくことでも同等の効果が期待できます。

和らぎ水の効果をきちんと知って、さらにおいしい日本酒ライフを楽しみましょう!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます