店のメニューや黒板に書かれたさまざまな種類の日本酒。初めて見る銘柄や、あの話題の酒蔵、慣れ親しんだ地酒など......いろいろ試したくなってしまいますよね。ついつい飲みすぎてしまうと、ツラいのは翌朝。気だるさを感じながら仕事に向かう人もいるかもしれません。

酒蔵で働いていると、日本酒を飲む機会が本当に多いです。自社製品のチェックだったり他社製品の調査だったり......蔵人との顔合わせや、杜氏や親方の晩酌に付き合うというのもよくあります。朝早くからの酒造り、翌日の仕事が頭をよぎりますが、飲まざるを得ません。そんななかで、現役蔵人としての二日酔い対策を編み出しました。今回はそのいくつかを紹介します。

飲む前に飲む!

酒を飲む前に、ウコン入りのドリンクや肝機能を助けるドリンクを飲む人も多いでしょう。コンビニや駅の売店で買ってから居酒屋に向かうこと、よくあると思います。

しかし、蔵の中や自宅に常備してあるものではないので、買いに行く時間がないときは少し心配です。そんなときによく飲むのが、栄養ドリンク。タウリンが肝機能を助けてくれるという話もありますが、私は単純にビタミンなどの栄養を補給して、全体的な代謝が高まることを期待しています。午後の仕事が一段落した時や、酒を飲み始める1時間くらい前に飲んでおくと良いですよ。

酒といっしょに飲む「和らぎ水」

日本酒業界には「和らぎ水」というものがあります。日本酒といっしょに飲む水のことを指しています。

ほとんどの日本酒はアルコール度数が15度以上ありますが、グルコース(ブドウ糖)が含まれているせいか良い香りのせいか、飲むほどに酒が酒を呼び、ついつい飲み過ぎてしまうもの。チェイサーとして「和らぎ水」を飲みながら、ゆっくりと楽しむのが大事です。

杜氏や蔵人と酒を飲む際には「汲水歩合多めで!」「今日は早めに追い水打っとくか」「アルコール12%まで割水するかなぁ」などと酒造用語を交えながら、水やソフトドリンクを注文することもあります。飲んだ日本酒の量に対して、同等かそれ以上の「和らぎ水」を飲むと良いでしょう。

試飲会などのイベントでは、実際の酒造りに使われている仕込み水が提供されることもあります。日本酒そのものはもちろんですが、仕込み水にも蔵の個性が出るんですよ。

果物の"果糖"と"酵素"は二日酔いに効く!

飲みながらでも飲んだ後でも有効なのが果物。酒を飲んだ後は脱水状態になりやすいため、水を飲んでから寝るという人もいると思いますが、水だけではなく酵素や糖をしっかりと摂取することが必要です。

体内に取り込まれたアルコール(エタノール)を分解するのは肝臓がつくり出す酵素。アルコール脱水素酵素(ADH)とミクロソームエタノール酸化系(MEOS)が、アルコールをアセトアルデヒドに分解します。アセトアルデヒドはそのまま体内に残ると有毒なので、アルデヒド脱水素酵素によって、最終的に毒性の少ない酢酸として体外に排出されます。この脱水素酵素の強弱がいわゆる"酒が強い・弱い"という話に関わっているようですが、体に負担をかけないためにこの反応を助けてあげる必要があるのです。

果物に含まれるフルクトースなどの糖類は肝臓で代謝され、生物がエネルギーとして使えるグルコースなどに変化します。つまり、肝臓で行われるアルコールやアセトアルデヒドの分解に多くのエネルギーを割けるようになるのです。ビタミンなどの力も借りられるため、アルコールを分解するには果物がうってつけなんですよ。

さらに、実は"私がふだん造っているもの"も二日酔いに有効であることがわかりました。日本酒ではありませんよ。

決め手は、"迎え甘酒"

私のおすすめは、"迎え酒"ならぬ"迎え甘酒"です。飲んだ翌朝に甘酒を一杯。二日酔いの朝は食欲がなく、身体に負担がかかっていてかなりダルいもの。そんななかで栄養を補給しておきたいときに効くのが、麹で造った甘酒なんです。

"飲む点滴"とも言われる甘酒は、ブドウ糖をはじめとする単糖・二糖類がたくさん含まれているほか、アラニンやロイシンなどのアミノ酸、ビタミンB類も豊富。ご飯よりも消化しやすいため、前夜に食べたものの消化やアルコールの分解に追われる内臓に栄養が行き渡る感じがします。レンジなどで少し温めると、さらにおすすめです。

注意点は、"麹から造られた甘酒"でなければならないこと。酒粕を使った甘酒はあまり効きません。酒粕そのものにアルコール分が残っていることがあるため、二日酔いへの効果は薄いようですね。

これまで紹介したのは、あくまで私独自の方法です。二日酔い対策で一番大事なのは、飲みすぎないように酒量をセーブすること。日本酒は種類が豊富でついつい飲みすぎてしまいますが、たくさん飲めた人が偉いということは決してありません。適量を楽しく飲んでくれたら、蔵人としてもうれしい気持ちです。身体を大事にしながら、酒を楽しんでください。

(文/リンゴの魔術師)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます