日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

【意外な事実!】杜氏の手は「きれい」ではない、本当の理由

> > > 【意外な事実!】杜氏の手は「きれい」ではない、本当の理由
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!SAKETIMESライターとして記事を書かせていただきます、石井と申します。
実は私、現役の蔵元社長でありまして埼玉県幸手市というところの石井酒造8代目当主であります!
現場での”あるある”を皆様にお届けできればと思っておりますのでよろしくお願いします。

 

杜氏の手はきれいではない!?

sake_g_toujinote1

さて、今回の現場あるあるは「杜氏の手はきれいではない!?」です。
よく化粧品のCMなんかで「杜氏の手はきれい」というのを見た事があると思います。麹の成分が肌にとって大変良く、古い核質を除去してくれる酵素も含まれているらしいのです。(すいません。化粧品については専門でないので詳細は分かりかねます。)

ではなぜ杜氏の手がきれいではないのか。
それは決して麹の成分に偽りがあるわけではありません。実際に麹を触った後はとても肌がしっとりとしています。

しかし、それ以上に酒造りは水仕事が多いのです!

よく冬場にお母さんが洗い物をしすぎて手が荒れている事ありますよね?
その状況が杜氏にも起こります。お酒作りには大量の水を使います。道具は使う度にその都度洗浄しますし、米を洗う際も直接水の中に手を入れます。
少し前までの杜氏はいわゆる「司令塔」的な存在で、蔵人に指示だけをしていればよかったのですが、最近は蔵人も杜氏も減ってしまっているので、杜氏自らが作業に加わることが多いです。
冬の乾燥した時期にこのような作業を繰り返していると、もはやあかぎれでは言い切れないくらい手が荒れてしまいます。
それでもハンドクリーム等はお米やお酒についてしまうといけないのでぬる事ができません。
ですから痛みをこらえながら作業をしていることが多々あります。最近は極力手が荒れないようゴム手袋やビニールの手袋をはめて作業にあたりますが、最終的には手袋が煩わしくなり結局手は荒れてしまいます。

 

手は荒れていても肌はきれい!

sake_g_toujinote2

(石井酒造・杜氏の和久田です!)

以上の理由から「杜氏の手はきれいではない」ということがお分かりいただけたでしょうか?
杜氏同士の間では「手のきれいな杜氏はさぼっている」なんて冗談を言い合ったりもします(笑)
ちなみにうちの杜氏は、潤いを内面から与えるために毎日晩酌(日本酒の)を欠かさないそうです。ご参考までに・・・(笑)
たしかに手は荒れていても、肌はきれいな杜氏は多いですね。もしかしたら効果があるのかも?

 

以上です!
少しでも面白いと思った方はシェアお願いします♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。