日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

創業39年目の老舗居酒屋「酒縁 川島」が主催する「日本酒フェスティバル2016」が7/10(日)に開催!

> > > 創業39年目の老舗居酒屋「酒縁 川島」が主催する「日本酒フェスティバル2016」が7/10(日)に開催!
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国各地の有力酒蔵が集結して、2000年から毎年開かれている「日本酒フェスティバル2016」(主催:川島酒縁の会/日本酒伝承の会/燗酒普及協会)。今年は7月10日(日)、東京・大崎ブライトコアホールで開催されます。

このイベントを企画しているのは、1977年の開店当初から無名ながら美酒を醸して頑張っている地酒蔵の発掘と応援に力を入れている、武蔵小山の銘酒居酒屋「酒縁 川島」の川島夫妻。

定期的に蔵元を囲む会を開いていた川島夫妻が「全国各地の地酒の魅力をより多くの人に知ってもらうために蔵元さんに一堂に会してもらおう」と考え、大規模な日本酒イベントを企画したのがはじまりです。第1回は2000年の夏に開かれました。

sake_g_festival2016_1

今年は、現時点で43蔵の参加が決定。蔵元は参加できないものの、お酒を出品する蔵が69蔵もあり、あわせて100を超える銘柄のお酒を呑んで、自分好みのお酒を探すことができる魅力的な会です。

◎「日本酒フェスティバル2016」参加蔵元
【宮城】株式会社佐浦
【秋田】阿桜酒造・日の丸醸造
【山形】秀鳳酒造場・小嶋総本店
【福島】鶴乃江酒造・玄葉本店
【茨城】来福酒造
【栃木】松井酒造店・島崎酒造・外池酒造店
【群馬】松屋酒造
【埼玉】清水酒造
【千葉】東灘醸造・小泉酒造
【神奈川】中沢酒造・久保田酒造
【新潟】北雪酒造
【石川】白藤酒造店
【福井】吉田金右衛門商店
【長野】松葉屋本店・沓掛酒造・美寿々酒造
【静岡】三和酒造・君盃酒造
【愛知】澤田酒造・山崎合資会社
【三重】森喜酒造場
【兵庫】本田商店
【奈良】長龍酒造
【和歌山】名手酒造店・吉村秀雄商店
【鳥取】千代むすび酒造
【島根】若林酒造・富士酒造・簸上清酒・池月酒造
【広島】梅田酒造場・天宝一
【山口】村重酒造・岡崎酒造場
【徳島】本家松浦酒造
【香川】川鶴酒造

昼の部、夜の部の二部制ですが、すべての蔵を一度に回るのは難しいため、昼夜通しで参加する人が多いのが日本酒フェスティバルの特徴です。

sake_g_festival2016_2

これまでの開催ではピアノの演奏などがありましたが、今年は歌手の水瀬あやこさんが出演されます。

水瀬さんは1989年放送の民放ドラマ「美空ひばり物語」で美空ひばりさんの少女時代の役を演じた方だそうで、フェスティバルの幹事である銘酒居酒屋「酒縁 川島」が推進する東北地方の復興活動にも協力している方です。美酒を堪能しながら彼女の歌声に耳を傾けるのも素敵でしょうね。

sake_g_festival2016_3

全国各地から蔵元が一同に介する貴重な機会、あなた好みの一本をぜひ見つけてはいかがでしょうか?

◎イベント概要「日本酒フェスティバル2016」
日程:2016年7月10日(日)
時間:昼の部12:00~15:00 夜の部16:00~19:00
会場:大崎ブライトコアホール(東京都品川区北品川5-5-15)

料金(税込):
前売券/各回 5,500円 一日通し券 9,000円 ペア券 10,000円
当日券/各回 6,000円 一日通し券 10,000円 ペア券 11,000円

イベント詳細・チケット購入:
チケットの購入方法についてはこちらのサイトをご確認ください

※記事中の写真は昨年の「日本酒フェスティバル」の様子です。

(文/空太郎)

【関連】 信州61蔵が勢揃い!蔵元と交流しながら日本酒を味わえる「2016長野の酒メッセin東京」
【関連】 日本各地から全40蔵が集結!「第3回 松尾大社 酒‐1グランプリ」に行ってきた

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

空太郎

日本酒指導師範(菊正宗認定)&酒伝道師です。1年365日、日本酒を飲んでいます。10人未満で丁寧にお酒を醸す銘酒小蔵がたくさん存在することが、日本酒の多様性と魅力を維持するのには欠かせないと思っています。そんな酒蔵の活動や、それを応援する酒販店や居酒屋の動きをお伝えしていきます。