日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

秋葉原で日本酒を!KURAMOTO STAND に行ってきた!

> > > 秋葉原で日本酒を!KURAMOTO STAND に行ってきた!
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の皆さん、こんにちは!
寒すぎて貼るホッカイロをお腹と背中に毎日合計3枚貼っている、浪費系SAKETIMESライターの海渡由紀子です。

お酒飲み過ぎると、お腹冷えちゃいますしね。
それでも飲みたいときって、誰しもありますよね。

さて、そんな寒空のもと私がカイロを貼ってやって参りましたのは、ココ!

sake_g_kuramoto_stand_1

「KURAMOTO STAND」

なんと新潟の「菊水酒造」が手がける蔵元カフェ&バーが、秋葉原にあるのです!
ここでは酒蔵由来の米麹や酒粕を使った本格料理や
パンケーキをはじめとするスイーツ、さらにはスムージーまで、
ありとあらゆる日本酒グルメを堪能することができます。
たびたび日本酒セミナーも開催しており、その様子はSAKETIMESでも何度か紹介していますね。

過去のセミナーの様子はコチラ:
菊水のKURAMOTO STAND「酒育セミナー」に行ってきた!
【KURAMOTO STANDで開催!】菊水酒造の学生向け日本酒セミナー(海外事情編)に行ってきた

 

秋葉原−御徒町間の高架下、
日本全国の食の逸品を集めた商業施設「CHABARA AKIOKA MARCHE(チャバラ アキオカ マルシェ)」の中にそれはあります。
秋葉原駅から徒歩3分という好立地で、寒くてもそのうちすぐ着きます。

sake_g_kuramoto_stand_3

チャバラに足を踏み入れると、目の前に広がるのは全国から集結したうまいもんの山、山、山!
あれこれ目移りしながら(そして欠かさず試食をしながら)奥へ奥へと進んでいきます。

sake_g_kuramoto_stand_2

もちろん食べ物だけでなく、このように日本酒、地ビール、リキュールといったご当地モノのお酒も集まっています。
デザインもかわいいものが多く、酒好きもそうじゃない人もテンションが上がっちゃいます!

こうして数々の誘惑をかいくぐり(まぁ、たくさん試食しちゃってましたけど)
ようやくたどり着きました、KURAMTO STAND(クラモトスタンド)

sake_g_kuramoto_stand_4

思わず「これが蔵元のカフェ!?」と目を疑ってしまうようなオシャレな雰囲気。
しかしそこは伝統ある酒蔵、エントランスには大きな杉玉が飾られています。

sake_g_kuramoto_stand_5

テーブル席の他に、このように洒落たカウンター席も。
中央に置かれた酒樽のサーバーが素敵・・・友達同士はもちろん、デートにも使えそうです。

メニューはリゾットや肉料理といった本格ごはんから、バーニャカウダ、キッシュ、ミートボール、シフォンケーキ、フォンダンショコラなど多岐にわたります。そしてそのどれもが日本酒テイストが加味されているというから驚きです。
心を揺さぶる究極の選択ですが、今回は悩みに悩んで5つのメニューをチョイスしました。

 

1. 苺甘酒(600円)

sake_g_kuramoto_stand_6

まずはアイスのドリンクメニューから。
こちらは新潟産の苺「越後姫」を使用した、苺甘酒です。

実はこれ、飲めない人に嬉しいノンアルコールドリンク!
米麹の食感やとろみが濃厚で、普通の甘酒とは一味も二味も違います。
苺もまるでフレッシュなジャムのような味わいで、甘さ、酸っぱさ、苺のつぶつぶ全てが活きています。
ほんのり赤い見た目も、とってもかわいいですね。

 

2. 十六穀 甘酒(500円)

sake_g_kuramoto_stand_14

こちらはホットのノンアルコール甘酒、十六穀甘酒です。
十六穀米のプチプチが口の中で弾ける!その一方で、麹のとろみが温かい。
プチプチトロトロの新食感が、十六穀米の素朴な旨味を引き立てています。
体の芯からポカポカ温まる、寒い冬にピッタリのドリンクです。

ちなみに、どうして食器がこんなに可愛いんですかね。乙女心をくすぐります。

 

3. りんごのスムージー(600円)

sake_g_kuramoto_stand_15

スムージーは5種類あって、こちらは季節限定のスムージーです。

まずその口通りの滑らかさに驚き!
酒粕を乳酸菌で発酵させた「さかすけ」を使用しており、とても柔らかくまろやかな味わいです。
りんごは皮まで丸ごと入っていて、素材そのものの味と食感を堪能することができます。

今までに登場したドリンクにも言えることですが、いい意味で日本酒のクセがないのでお子様や日本酒に馴染みのない人でも美味しく味わえること間違いなしです。

 

4. 酒粕クラムチャウダー(700円)

sake_g_kuramoto_stand_16

バケット付きで700円とは思えない味わいとボリューム。
じゃがいも、玉ねぎ、人参などのお野菜がゴロッゴロ、たっぷり入っています。

ほんのり香る酒粕とクリームのまろやかさは相性バッチリです。
家でもチャレンジしてみたい逸品。

 

5. さかすけパンケーキ〜メープルバター&レモン〜(950円)

sake_g_kuramoto_stand_17

ついにパンケーキにも日本酒が進出したとは・・・!

お味はこの他にバナナ&ナッツ、ベリー、ベーコンエッグの4種類があります。
乳酸菌発酵酒粕「さかすけ」の力で、この上なくふわふわモッチリの仕上がりに!
クリームは甘すぎず、さかすけが持つほのかな酸味と絶妙にマッチしております。

今まで食べたパンケーキの中で、群を抜いて美味しかったな〜。

 

6. 越後姫&クリームチーズのクレームブリュレ

sake_g_kuramoto_stand_18

外はパリッパリ、中は濃厚トロトロ。
普通のクレームブリュレよりも濃厚なのですが、酒の上品な香りが合わさることで飽きの来ない味わいに仕上がっています。

そして手を広げたくらいの大きさという、とってもボリューミーなスイーツです。
何人かでシェアしてもいいですね。なのに、お値段は驚きの400円・・・!

 

ふぅ〜、ドリンクからごはん、デザートまで美味しく頂いて、お腹いっぱいになりました。
私も立ち寄りたいけど、ゆっくり寄っているヒマがない!
そんなお方には、こんなテイクアウトメニューも用意されています。

sake_g_kuramoto_stand_19
タンドリーチキンとスモークサーモン、酒粕の風味を活かした2種類のサンドイッチです。
日替わりスープとドリンクがついて650円と、とってもお得!

また「KAYOIGURA」という日本酒セレクトショップも併設されていますので、おみやげを買って帰るにもピッタリです。
sake_g_kuramoto_stand_20

ここではなんと、世界に1本だけのオリジナル日本酒を作ることもできるそうですよ!
オリジナルのデザインをボトルに印刷して、大好きなあの人にプレゼントするのも楽しそう。

 

あ〜美味しかった、そして新鮮な驚きをありがとう。
お腹と背中に貼っていた3枚のカイロも剥がしちゃうくらい、身体も心もポカポカに温まりました。

日本の伝統を新しい形にアレンジして世界に発信していくKURAMOTO STANDから今後も目が離せませんね!
みなさんもお近くへお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね〜!

 

◎KURAMOTO STAND◎

東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA内
電話:03-3258-0131
営業時間:11:00~20:00(休館日以外の定休日なし)
休館日:元旦および年2回のメンテナンス日

 

日本酒の魅力を、すべての人へ - SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。