日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

飲んで食べて大満足!体験型日本酒ミュージアム「ぽんしゅ館」に行ってきた!

> > > 飲んで食べて大満足!体験型日本酒ミュージアム「ぽんしゅ館」に行ってきた!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!今回からSAKETIMESライターになりました、海渡由紀子です。

3度の飯よりお酒が大好きで、普段は茨城県でオクトーバーフェスト(ビールのお祭り)を開いたり、お酒片手に図面を書いたり(本業は古民家研究者)しています。

さてさて、
「日本酒って、ハードルが高そうだしよく分からない・・・」
「日本酒っておじさんが飲むものでしょ?」
日本酒にこれまで縁の薄かったみなさんは、そんなイメージを持っているのではないでしょうか?

そんな日本酒のイメージを180°覆す日本酒テーマパーク、新潟の「ぽんしゅ館」に遊びにいってきました!

「ぽんしゅ館」には新潟の全酒蔵(その数92蔵!)の代表銘柄が集結しており、なんと全てのお酒の利き酒ができちゃうのです!!

sake_g_ponshu_2

店内はこのようにハイカラでレトロな雰囲気が漂っています。写真右手には日本酒の銘柄がずらっと並んでいますね。こんな情景見たことない!
さて、受付で500円とお猪口&日本酒コインを交換して、 利き酒スタート!

sake_g_ponshu_3

ワンコインで、おちょこ5杯分の利き酒を気軽に楽しむことができます。(太っ腹だなぁ・・・。)
それにしてもたくさんありすぎて、どれからいこうか迷っちゃいますね。

でもそんなときでも大丈夫!

sake_g_ponshu_4
それぞれの日本酒の特徴と美味しい飲み方を教えてくれる便利で楽しいマシン、「タッチDEポン酒」が迷えるアナタを助けてくれることでしょう!

さらに
「お酒の特徴は分かったけど、そもそも自分がどんな日本酒が好みなのか分からない・・・!」

sake_g_ponshu_6
なんと、自分の嗜好性がチェックできちゃうコーナーまで用意されているんです!せっかくなら新潟のお酒についてリサーチしてから行くのも良し、スタッフの利き酒師さんに聞いてみるも良しですね。

 

sake_g_ponshu_7

さて、た〜くさんあるお酒の中から飲みたいものが決まったら、コインを入れて、お猪口をセットし、黄色いボタンを押します。するとちょうど1杯分のお酒がちょろちょろと注がれていきます。

sake_g_ponshu_8
まずは1杯目。

せっかく越後に来たんだから、越後美人にならなくちゃ♡という下心が丸見えですね。そしてこの最新式日本酒マシン(?)に遊び心がくすぐられ、飲む前からテンションは最高潮に・・・!

「ん!?あれは何だ!?」
実は、楽しめるのは日本酒だけではございません。なんと、その隣には日本中、世界中から集まった塩がズラリと並んでいるのです!

sake_g_ponshu_9

名前を眺めるだけでも面白いですね。もちろんこちらは無料です。なぜ塩なのでしょうか?
・・・日本酒には塩辛いものが合いますよね。

ここでは色んな塩と、色んな日本酒の無限のコラボレーションを楽しめるのです!塩をあれこれテイスティングしながら、もう一杯、もう一杯・・・。

しかも、その隣にはスティックキュウリが100円で売っております。

sake_g_ponshu_10

楽しすぎる。

もう止まりません。

あっという間に5枚のコインはなくなってしまいましたが、それでもずっと入り浸っていたいくらい、素敵な空間でした。

コインがなくなった後は、隣の販売コーナー「日本酒番所」へ!ここでは先ほど利き酒した日本酒が所狭しと並んでおり、気に入ったものをお土産として買って帰れるのです。

sake_g_ponshu_11

あぁ、どこまで日本酒好きの心を揺さぶるのでしょうか・・・。どれを買って帰ったらいいのか分からない!という方は、お店のスタッフに相談してみましょう。

あぁ、おいしかった、楽しかった。。。

友達と行っても恋人と行っても1人で行っても盛り上がっちゃうこと間違いナシ!

日本酒好きはもちろん、日本酒初心者も気軽に楽しむことができます。改札から徒歩0分のところにあるので新幹線でぴゅーんとアクセスできちゃうのも便利ですね。私が新潟駅利用者だったら、毎日立ち寄ってしまうことでしょう・・・。また1階には新潟の食材を堪能できる酔い処・食事処「魚沼釜蔵」が、3階には越後魚沼の贅沢な食品を揃えた「越後魚沼商店」が併設されています。(利き酒番所は3階です。)

飲んで、食べて、遊んで、大満足!
新潟に行く際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

ぽんしゅ館 新潟駅店 利き酒番所

アクセス新潟駅南口
西通路改札を出て徒歩0分
営業時間9:30〜20:30

 

P.S.
私のドキドキの1本目の記事、いかがでしたでしょうか?

面白かった!という方は、シェアしてくださるととっても嬉しいです♪

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。