日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

2016/12/9(水) オープン! 「KURAND SAKE MARKET」渋谷店に行ってきました!

> > > 2016/12/9(水) オープン! 「KURAND SAKE MARKET」渋谷店に行ってきました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!SAKETIMES編集部です。
今回、池袋店に引き続き浅草店も開店するなど、大注目の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」が12月9日(水)、新たに渋谷にオープンすると聞きつけ、プレオープンに行ってきました!

場所は道玄坂を上ったすぐそこ!賑やかな飲食店街の中心!

渋谷駅ハチ公出口から徒歩3分と好立地です。0次会にも1次会にも、2次会にだっておすすめ!

エレベーターでビルの3階へ!

sake_kurandsakemarket_s_1 (1)

エレベーターの右横に「KURAND SAKE MARKET」はあります!中を覗くと・・・ぞくぞくと人が集まっていますね!

sake_kurandsakemarket_s_2 (1)

 

3,240円で日本酒が時間無制限飲み放題!「KURAND SAKE MARKET」の楽しみ方

「KURAND SAKE MARKET」は定額で時間無制限で日本酒が飲み放題。受付さえ済ませれば入場後の出入りも自由!
そんな夢のようなお店を楽しむための方法をお伝えしますね!

sake_kurandsakemarket_s_3 (1)

1, まずエントランスにて入場料3,240円を支払う。
2, お好みの酒器をチョイス!
3, 手の甲にスタンプをいただく。(再入場時にスタッフの方へお見せください)

この簡単3ステップでセルフスタイルでフリーに楽しめます!

お酒は常時100種類以上!酒蔵とのダブルネームの貴重なお酒も!

sake_kurandsakemarket_s_4 (1)

「KURAND SAKE MARKET」の日本酒の特徴は「まだ多くの方に知られていない、地域で愛されている地酒であること」「全て蔵元直送仕入れであること」「倉庫から毎日直送される日本酒を、徹底した保存環境で管理すること」の3点。

この3点にこだわる理由は、おいしい日本酒を最高の状態で味わってほしいから。
こだわりぬかれた日本酒のセレクトとお客様へのホスピタリティ溢れる提供方法が「KURAND SAKE MARKET」の魅力なのです。

そして、今回のプレオープンでは、特別な日本酒が振る舞われました!

sake_kurandsakemarket_s_5 (1)

「KURAND SAKE MARKET」渋谷店のオープンを記念して、若手代表格の蔵元、石川県・数馬酒造とKURANDで、製造企画された今までに無い新しいコンセプトの日本酒「KAZMA(カズマ)」です!
なんと毎年、仕込みの段階で酵母菌を変えることで味わいの変化が楽しめる日本酒なのです!2015年は金沢酵母「K-14」を使用しています。酒米は全て地元、能登産を使って製造。石川県の魅力がたっぷりつまっています。

KURANDと酒蔵、ダブルネームの日本酒もあります!

sake_kurandsakemarket_s_6 (1)

こちらは各酒蔵からそれぞれ樽買いしているお酒です。さらに、外見だけでなく、なんと中身もKURAND仕様!蔵元の方々と話し合い、味の調整をしているのだとか。他のお店では味わえないオリジナリティが嬉しいですね。

日本酒だけでなく、ビールも1杯200円で飲むことができます。銘柄はマスターズドリーム。乾杯にもチェイサーにも最適!

sake_kurandsakemarket_s_7 (1)

女子にも嬉しい、果実酒やちょっと甘めのお酒も充実!

女子が大好きな「いも・くり・かぼちゃ」ではなく「かき・くり・かぼちゃ」の果肉入りリキュールも!この時期においしい3つがお酒で楽しめちゃいます。

sake_kurandsakemarket_s_8 (1)

下記の果実酒は、奈良県の北本本店と合作した「KURANDプロトタイプ」シリーズです。お客様からの声を反映してどんどん味が変化していきます。味の成長過程を楽しみに渋谷店を訪れるのも楽しみのひとつとなりそうですね。

sake_kurandsakemarket_s_9 (1)

こちらは、SAKETIMES女子スタッフ一押し!休日の朝にも飲めちゃう!?ヨーグルト酒です。

sake_kurandsakemarket_s_10 (1)

「お酒っぽくないお酒は朝に飲んでも罪悪感がない!っていう免罪符的効果を発揮するよね。」と女子スタッフと頷き合いました。
朝にこちらを楽しみたい方は、土日に起き抜けで「KURAND SAKE MARKET」を訪れましょう!土日は12:00〜16:00の昼営業もしています。(夕方は平日同様17:00からオープン)
あなたがお寝坊さんなら、12:00も朝に入りますよね!笑

おつまみは1品200円から。さらに持ち込みもOK!

sake_kurandsakemarket_s_11 (1)

こちらの小鉢のおつまみ類は、1品200円から。さらに3品頼むと100円お得な500円でいただけます。ドライフルーツに塩辛に、たまごに、ナッツにスルメ・・・思わず全品頼んでしまうラインナップですよね。お仕事帰りにちょい飲みしたいときにもうれしいサイズです。

また、おつまみや食事は持ち込み可能!

sake_kurandsakemarket_s_12 (1)

渋谷には東急本店や西武百貨店などもあり、お持ち帰りに最適なデパ地下グルメも豊富!行きがけにささっと駅前で購入していくのもいいですね。

さらに、話題のタコベルや有名回転寿司、中華料理店、焼き鳥屋など多くの飲食店が立ち並ぶ道玄坂なので、買い足しも自由自在!
話題のグルメも楽しめるのです!

 

渋谷店店長に聞いた、燗酒にするならこの日本酒!

「KURAND SAKE MARKET」では、もちろん燗酒も楽しめます!

sake_kurandsakemarket_s_13 (1)

今回、渋谷店店長・坂本大輔さんに燗酒におすすめの日本酒をご紹介いただきました。

sake_kurandsakemarket_s_14 (1)

徳島県・三芳菊酒造の醸す「三芳菊 阿波山田錦 特別純米無濾過生原酒」。常温での飲み口はとってもフルーティー!香りも抜けるような華やかさがあります。けれどひとたび42~43度に燗をつけると、お米の味が開いて、とってもまろやか!フルーティーさは残しつつ、味にまるみのあるやわらかい印象になります。ずっと飲んでいたい燗酒です!

「ゆっくりと日本酒を楽しんでほしい」他の店舗とはまたちがう、渋谷店の魅力

sake_kurandsakemarket_s_15 (1)
渋谷店店長・坂本さんは「池袋店、浅草店を訪れた方はご存知かと思いますが、活気溢れるイメージなんですよね。渋谷はその2店舗とはまた違ったスタイリッシュで大人な空間を作りたかった。照明や音楽、接客にいたるまでそういった空間をご提供できるよう、気を配っています。落ち着いて、スローな雰囲気でゆっくり日本酒を楽しめる、そんな店舗作りをしていきたいですね。」と語ってくれました。

渋谷店ではスローな「KURAND SAKE MARKET」の表情を楽しめるようです。
今後の展開も目が離せない「KURAND SAKE MARKET」渋谷店のオープンはいよいよ明日、12月9日(水)です!待ち遠しいですね!

さらに、渋谷店オープンを記念して、池袋店・浅草店でもオープンキャンペーンを実施中!12月3日〜8日の期間に限定酒「祝い酒」を提供します。この機会もぜひお見逃しなく!

◎ KURAND SAKE MARKET 渋谷店
住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-9-10松本ビル3階
アクセス:京王電鉄井の頭線渋谷駅、JR線渋谷駅ハチ公口から徒歩3分
料金:時間無制限 3,000円(税別)
TEL:03-6455-0277
メール:sakemarket-shibuya@kurand.jp
営業時間:
平日 17:00~23:00 (22:00L.O.)
土日 12:00〜16:00 (15:00L.O.) 17:00~23:00 (22:00L.O.)
定休日:不定休

【関連】 なぜ「KURAND SAKE MARKET」が、あえて渋谷に店をオープンするのか
【関連】 マグロ料理と地酒・日本酒100種のセルフ飲み放題が楽しめる神楽坂のお店「マグロもん」の12月イベント情報が届きました!

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!