日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

八海山 純米吟醸(八海醸造/新潟県南魚沼市)

> > > 八海山 純米吟醸(八海醸造/新潟県南魚沼市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒初心者にも最適! 常に品薄の希少酒

日本酒ファン、いやお酒好きにはすっかりお馴染みの八海山。今回ご紹介する純米吟醸酒は、定番シリーズの中では唯一の純米系です。生産数が少なく、酒販店や飲食店では常に品薄状態なので、口にした方は意外と少ないかも知れません。呑めた時は「ラッキー!」と心の中でガッツポーズする希少酒です。

淡麗辛口の良酒を醸す新潟の代表蔵

sake_hakkaisan1

八海山を醸す八海醸造1922年(大正12年)創業。地元南魚沼市の信仰の山・八海山から湧き出す「雷電様の清水を仕込み水とし、雪国らしい清冽で綺麗な呑み飽きしない淡麗辛口酒を醸しています。地酒蔵としては超大手の蔵になり、新潟県内では久保田などを醸す朝日酒造、菊水酒造に次ぐ売り上げを誇ります。今はそんな大手蔵ですが、一時期はお酒が売れず酒屋などから「やっかいさん」と呼ばれていた時代もあったようです。しかし、そこから地道に良酒を醸す努力を続け、現在の地位を築きました。

和食と相性抜群、危険?な逸品

sake_hakkaisan2

すべての普通酒を吟醸造りに、すべての吟醸酒は大吟醸の品質に、大吟醸は限りない最高品質を目指すをモットーとして質量ともに追求され生み出される八海山。この純米吟醸は、麹米・掛米に山田錦、美山錦ほかを使用し、精米歩合50%と高精白することにより、純米ながら重みは感じず、ふくよかな米の旨みを感じながらスッキリと呑み飽きしない味わいです。吟醸香は抑えられ、和食や酒肴などに幅広く合わせやすく、食を引き立たせる名脇役のような存在で、気付くと酒瓶が空になっている良い意味で危険な逸品と言えるでしょう。

 

日本酒の魅力を、すべての人へ – SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。