日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

一夜雫 大吟醸(高砂酒造株式会社/北海道旭川市)

> > > 一夜雫 大吟醸(高砂酒造株式会社/北海道旭川市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「北海の灘」旭川の代表的な老舗蔵

北海道の道北にある旭川市は、明治から大正にかけて「北海の灘」と呼ばれるほど酒造業が盛んな地でした。明治24年に永山地区へ屯田兵が入植し、それに追従した札幌の酒造業者・笠原喜助氏が笠原酒造店を開設したのが発端と言われています。

その後、明治31年に旭川-滝川間に鉄道が開通し、地域は急速に発展します。明治32(1899)年、小檜山鉄三郎氏が小檜山酒造場を創業。これが現在の高砂酒造です。

明治末期になると、旭川の酒造業者は14を数え、札幌や小樽をしのぐほどになりました。しかし昭和19年、太平洋戦争も後期になったころ、国は清酒製造業企業整備要綱に則って市内11の酒造場を一元化。旭川酒類工業株式会社が創立されました。

旭川酒類工業に参加していた小檜山酒造は戦後、昭和24(1949)年に復活し、同41(1966)年に現在の高砂酒造と改名します。現在の主要銘柄は「国士無双」。昭和50年に発売され、淡麗辛口ブームの波に乗って北海道で大ヒット。全国にも名をとどろかせました。

本社工場は、昭和4年築のコンクリート建築。鉄筋コンクリートの酒蔵では全国で3番目に古いそうです。明治42年築の明治蔵は「旭川景観賞」を受賞。ショッピングなどもできるため観光客も多く訪れています。現在は約3000石を生産しているとのこと。

アイスドームで搾る人気の雫酒

今回紹介する「一夜雫」は、まさに“北海道”を活かした酒。かつて、冬は氷点下30℃が珍しくなかった厳寒の地・旭川の特色を活かしたお酒を造ろうと、アイスドームの中で酒袋をつるした”雫酒”を毎年醸してきました。アイスドームはなるべく寒い夜、蔵の敷地内で、直径10m、高さ2.7mのビニールを膨らませ、ノズルで雪と氷を吹き付けます。これを二晩続けると、約15cmの厚さの室ができあがります。氷点下15℃以下になる旭川だからこそのなせる業。氷室内は氷点下2℃、湿度90%に保たれ、清酒の酸化や香りの蒸発を防げるメリットもあり、ゆっくりと搾る”袋搾り”が可能な環境となるのです。

この「一夜雫」の大吟醸は、兵庫県の特等山田錦を35%まで磨いています。完熟メロンのようなフルーティーな香りが印象的。口に含むと、同じくフルーティーな含み香と山田錦の旨みや甘味が上品に広がります。凝縮された旨みですが、なめらかで透明感あふれる飲み口です。まさに綺麗な大吟醸、王道の味わい。後口も適度な余韻を残し、スッと消えていきます。香り高いので、酒肴と合わせるよりも単品で呑みたい一品です。酒器はワイングラスが合うかもしれません。

温暖化により27BYをもって製造中止

平成2年から製造・販売していた「一夜雫」ですが、今季から生産を打ち切っています。旭川も温暖化により、降雪量の減少や2月の降雨など雪氷室の製作・維持が困難になってきたことから、断念せざるをえなかったようです。蔵元では原酒の在庫が無くなり次第販売終了となります。北海道の酒販店ではまだ見かけますので、北海道旅行の際は注目してみてはいかがでしょうか?

<関連商品>

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!