日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

仙禽 かぶとむし (株式会社せんきん/栃木県さくら市)

> > > 仙禽 かぶとむし (株式会社せんきん/栃木県さくら市)
このエントリーをはてなブックマークに追加

老舗蔵が2008年から“甘酸っぱい”酒質に転換

仙禽(せんきん)は、江戸時代後期の文化3年(1806年)創業の老舗蔵です。
主力銘柄「仙禽」の由来は、仙人に使える鶴を表し、創業から受け継がれてきました。2008年に新会社「せんきん」に事業移管され、蔵元後継者の薄井一樹氏が製造責任者になってから酒質は一変し、今に続く全国的な人気を博しました。

日本酒度をマイナス2以下、酸度は2~3以上のインパクトのある「甘酸っぱい」お酒を醸し、さらに酒造好適米の王様・山田錦を排し、亀の尾を使用。それも生酛木桶仕込にこだわる造りで業界に衝撃を与えました。2011年、亀の尾を使った生酛木桶仕込の純米大吟醸で、全国新酒鑑評会の金賞を受賞するという離れ業を成し遂げました。

初期のよく言えば“とんがった”造りから、現在はさらに路線転換し、「仙禽」ブランドのドメーヌ化にこだわった酒造りにまい進しています。

米、水に徹底的にこだわりドメーヌ化

ドメーヌとは、最近は日本酒においてもときどき耳にする言葉ですが、元来はワイン用語で、「ワイナリーでブドウ畑も所有し、栽培から瓶詰までの工程をすべて一貫して行うワイン生産者」を意味します。

sake_kamenoo2

ドメーヌ化を進めると、蔵のそばの自社田で米を栽培し、その米でお酒を造ることになります。さらに、ワインの醸造に水は必要ありませんが、日本酒には必要不可欠なもの。米の栽培に使用される水は、蔵の仕込み水と同じ水脈のものが使われることになります。

現在、仙禽はこのドメーヌ化で栽培した亀の尾・雄町・山田錦などで酒を醸し、往年のラベルを復刻させた「クラシック仙禽」、スタンダードな「モダン仙禽」、ワイン酵母の「ドルチェ」など、コンセプトを明確化したお酒を世に送り出しています。

個性的なラベルと仙禽らしいシャープな酸が印象的

sake_senkin-kabutomushi_0

この「かぶとむし」は夏限定酒で、酒米はドメーヌ化した自社田の雄町(ドメーヌさくら・雄町)を50%まで磨いています。七色のかぶとむしのラベルが夏らしさ、涼やかさを演出しています。原酒ながらアルコール度数も14度と呑みやすく仕上げられています。お酒の色は琥珀色で、香りは爽やかな柑橘系。口に含むとシャープな酸が仙禽らしいですが、甘みはあまり感じず、白ワインのような軽快な味わい。夏ミカンやグレープフルーツを想起させます。味わいはしっかりしながら、後口もスパッと切れていく夏酒らしい味わい。

sake_senkin-kabutomushi_2

キンキンに冷やすか、氷を1個落としても美味しく呑めるでしょう。白身系のお刺身やカルパッチョ、冷製パスタなど、あっさりした和食から洋食にも合わせることができると思います。

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!