日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

「あらばしり」とは? ー 日本酒用語解説

> > > 「あらばしり」とは? ー 日本酒用語解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒の種類で「荒ばしり(あらばしり)」というものがあります。

今回はその荒ばしりについてご紹介したいと思います。

 

1. 荒ばしりとは

荒ばしりとは、日本酒をしぼったときに一番初めに出てくるお酒のことです。圧をかけずにもろみの重さだけで自然にでてくる少量しか取れない部分なので、希少価値が高いです。

日本酒は、しぼって出てくる順番で名前が付けられています。

・一番最初に出てくる部分・・・荒ばしり
・中間に出る部分・・・中取り
・最後に出てくる部分・・・せめ

といいます。
これらは「ここからここまでが荒ばしりですよ」と正確に決められていないので、各酒蔵の裁量になっています。

 

2. 荒ばしりの味わい

荒ばしりは、1. でもご説明したとおり圧をかけずにもろみの重さだけで自然にでてくる部分なので華やかな香りが強く感じられます。

また、一番初めに出てくる部分なので少し荒々しい味わいに感じられますが、それもまた癖になる味わいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは、国内最大の日本酒専門ウェブメディアです。専門用語の解説や商品レビュー、酒蔵案内、イベント情報など、さまざまな日本酒情報を日々お届けしています。