日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

【1日1組限定】大阪の純米酒専門店 酒肴屋「かわむら」

> > > 【1日1組限定】大阪の純米酒専門店 酒肴屋「かわむら」
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒好きが高じて、大阪天満で『純米酒専門店 酒肴屋かわむら』の店主でライターをやらせていただき、私の持論や店での提供をなるべく専門用語を使わず、分かりやすいように書かせていただいてます。

昨年末からライターの仕事をさせていただいて、私の持論を書かせていただいてますがその記事を読んだ方からよく、店まで問い合わせがあります。

「どんな店ですか?」
「ドコにあるのですか?」
「初めてですが行きたいのですが」
「予算はどのぐらいですか?」

そこで今回は自分の店の事で大変恐縮なのですが、自分の店のことを書かせていただきます。

日本酒はとても香りがよく、味の重要な要因のひとつだと思っています。
その香りを最大限に引き出してくれるのが、ワイングラスです。
ワイングラスは香りと味わいを楽しむために特化したグラスだからです。
リーデルやチェコのボヘミヤのワイングラスなどで提供しています。

もちろん全ての日本酒がワイングラスでは合わないので、素焼きの陶器や磁気などもお酒に合わせて提供しています。
(グラスの材質や形でも口当たりや味わいが違うため)

冷酒からヒヤ(常温)、そして燗酒まで。
また、フレッシュな絞りたてから、しっかりした熟成酒や10年以上私の手元で育てた『かわむらナイズド』したお酒まで、料理に合わせて提供しています。

お酒に合わせる料理は、中央市場出身の私の目利きで納得した魚介類、そして野菜は無農薬有機野菜を中心に農家さんの顔が見える安心な野菜を使ってコース仕立てでその日の市場で仕入れた魚介類と野菜をちょこちょこと使った懐石料理、全10品(15,000円税別・お酒込20,000円)

その料理とお酒の香りはとても重要な要素だと思っていますので、『非喫煙者限定』で案内しています。
タバコの煙はその大切な香りの邪魔になるからです。

さらに、完全予約制で1日1組限定でつきっきりで、おもてなしをしてます。
ご予約の方のためだけに朝早くから市場に何件もハシゴをして仕入れを済ませ、仕込みや準備をさせていただきます。

また、1組でつきっきりでないと、『かわむらワールド』を楽しむことができないからです。
(ご参考に以下の記事をご覧ください。)
注ぎ方の違いで味が違う。
酒器の違いで味が違う。
燗のつけ方の違いで味が違う。

私の店でしか楽しめない、料理とお酒の楽しみ方です。

その料理とお酒の楽しみ方を、ちょっとリーズナブルに、また初めての方にも来店しやすい『純米酒と料理のライブコンサート』(日本酒の会)を毎月第4土曜日19時~月イチで開催しています。参加費10,000円(税別、料理・お酒込)
(イベントは1組ではなく席があるだけご案内しています)

 

店はカウンター席だけですので、目の前でライブ感たっぷりの日本酒の会です。
毎月テーマは決めていますが、参加者で若干の変更をします。
それは、初めての方や飲み始めた方などが参加しているときと、何度も来店している方では内容を変える必要があるからです。

また、私の会には蔵人とか酒販店さんは呼びません。

蔵人や酒販店さんと一緒に飲むのは、色々な話を聞けてとても楽しいのですが、私が体験して頂く注ぎ方の違いや燗のつけ方の違いはまだ一般的に広まっていないことを中心に楽しんでいただくためです。

提供するお酒は全て『ブラインド』
銘柄を当てて!とかのゲームは一切しません。先入観を無くして味わっていただきます。
自分の感じた味わいが正解ですので他人と意見が違っても大丈夫です。

料理は品数と内容を少し調整しますが、通常の営業と同じように料理とお酒を楽しむことが出来ます。

次は、あなたが体験する番です。

純米酒専門店 酒肴屋かわむら
住所:大阪市北区天満2-12-7
電話番号:06-6354-1168

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
あなたの日本酒ライフのひとつに加えていただければ幸いです。

【関連】 赤坂「れくら」で日本酒をリーデルグラスで楽しもう
【関連】 桜も日本酒も楽しもう!京都のお店3選

 

日本酒の魅力を、すべての人へ-SAKETIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

川村 道宏

純米酒専門店 酒肴屋(さかなや)かわむら店主『タバコを吸う人がいない安心を、あなたへ約束します』をコンセプトに 「非喫煙者限定」「会員制」「予約営業」「1日1組」で純米酒と懐石料理を提供する。日本酒の新しい楽しみ方の提案を執筆中。