日本酒を知る

日本酒を楽しむ

日本酒を考える

特集

飛露喜(ひろき)特別純米 生詰(合資会社廣木酒造本店/福島県河沼郡会津坂下町)

> > > 飛露喜(ひろき)特別純米 生詰(合資会社廣木酒造本店/福島県河沼郡会津坂下町)
このエントリーをはてなブックマークに追加

一般には手に入らない幻の銘酒

廣木酒造は、会津と越後を結ぶ越後海道沿いに栄えた宿場町で、江戸時代後期の文政年間(1804~1830年)に創業しました。一時は廃業も考えていた蔵ですが、現在の生産石高は約1600石。地酒蔵としては中堅クラスですが、人気が高騰し、一般には手に入りにくい幻の銘酒のひとつとなりました。

今や全国屈指の銘醸の地となった会津地方ですが、現蔵元の廣木健司氏が蔵に戻った平成5年(1993年)当時、会津も大量消費の時代の流れに抗えず、醸造アルコールや甘味料などを加えた三増酒の生産地となっていました。廣木酒造も同様だった中、杜氏が高齢のため引退し、先代の父が他界しました。社員不在の中、平成8年(1996年)、廣木健司氏27歳の時、母と2人で酒造りを始めたといいます。

母子2人の造りから生れた起死回生の「飛露喜」

sake_hiroki_1

公共放送のテレビ番組で、母子2人の酒造りが紹介されました。これを観た東京の有名酒店から声がかかり、その2年後、搾りたての生酒を送ったところ、好評を博し商品化されることになりました。

当初は、地元で知られている銘柄名「泉川」で一升瓶換算、約30本の仕込みでスタートしました。当時はラベルを印刷する余裕もなく、蔵元のお母さんが手書きしたものを貼っていたのは有名な話です。

「泉川」もプレミアがつくほどの人気となっていますが、同蔵の名前を一気に広めたのは、1999年以降の銘柄「飛露喜」です。家名「廣木」をなぞりつつ、「喜びの酒(露)がほとばしる」という意味が込められて「飛露喜」と名付けられました。

現在のように「無濾過生原酒」などの言葉も広まっていない時代でしたが、そのジューシーでフレッシュなスッピンの味わいはインパクト十分で、少しずつ人気が高まっていきました。

最高の晩酌酒!落ち着いたいぶし銀の銘酒

sake_hiroki_2

まさに起死回生だった「飛露喜」の生酒ですが、健司氏は通年の定番酒となる火入れ酒にも力を入れます。それが「特別純米 生詰」です。生酒とはことなり1度加熱殺菌し、飲み頃になるまで蔵で熟成させてから出荷します。基本的には2月と9月に出荷するのですが、季節など状況により、造りを細かく変えています。

同酒は麹米を山田錦50%、掛米を55%まで磨いています。香りは非常に穏やかなバナナのような果実香。口当たりは軽く、綺麗な味わいですが、芯にしっかりとした米の旨みと酸味を感じ、福島酒らしい膨らみもあります。切れ味も申し分なく、派手さのない落ち着いた品のある味わいです。呑み飽きしないお酒の代表とでも言えます。和食との相性は抜群で、山菜の天ぷらや白身魚のお刺身などは特に、お互いに引き立て合う味わいになりそうです。「飛露喜」は純米吟醸など複数銘柄がありますが、気づくとこのお酒に戻っているといういぶし銀”のような銘酒と言えるでしょう。

関連カテゴリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター募集中!

SAKETIMES

SAKETIMESは日本酒を中心とした日本文化のメディアサイトです。専門的な知識から、クスっと笑えるエンタメまで幅広く面白い情報を毎日お届けします!